アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AVのようなサブタイだが、式条先生の存在そのものが・・・
いま気がついたが「しきじょう」を素直に漢字変換すると「色情」
そんな歩く肉弾凶器、式条先生を中心に優のクラスメイトたちと、美里家にやってきたアンドロイド「安藤」まほろさんとの出会いを描いた第2回。

この頃はまだ、ほのぼの・コミカル・エッチのバランスが取れていた。
中山文十郎+ぢたま(某)の原作コミックが持っているキャラのエロ部分を内側に押し込めて、表面生真面目なキャラに仕上げた高村和宏のキャラクターデザインが噛み合って話が動いている。
原作コミックに過剰なアニメ表現を補足していないので、原作ファンでも違和感がないと思う。

この回はスタジオキャッツと遊歩堂のグロス請けだろうか。第1話と比較して少々キャラが安定しない。クレジット見たら作画監督補 : 伊藤良明で、今は「ひだまりスケッチ」やってる方ですね。

今回は完全に式条先生のワンマン(ワンウーマン?)ショー。
最後に式条先生への乳アッパーカットが決まったものの、初戦はまほろさんの判定負けに近いか。
式条先生役の高田由美は最近声優活動を聞かないが元気だろうか。
この手の怪演は右に出るものは少ない、貴重な存在。

クラスメイトの女子3人(とりおまてぃっく)も登場し、徐々にキャラが立って行く。
真田アサミ演じる千鶴子(ちづ)は、今回早々にキャラが立っていてグルメ薀蓄ぶりを披露。
深雪役の菊地由美はアニメ声優の仕事は少ないが、最近の活動はどうなのだろうか。制作から6年も経つと色々と変化がある。
凛役の水野愛日は、一部で話題の「妄想 voice CD 第2弾『おしかりCD』」が出たところなので、全国のM男の皆さん買ってあげてください。
「※当CDは刺激が強い為、ハートが弱い方やM資質が無い方は、精神不安・情緒不安・嫌悪感などをもたらす恐れがあります。使用時間、体力、己の精神状態を考えながら徐々にご使用下さい。」
こんな注意書きが笑わせるCDです。

今回の見どころは、まほろさんと優の関係を巡ってのクラスメイトたちの妄想、式条先生の妄想暴走、まほろさんと式条先生の入浴乳くらべとエッチ方面が満載。
そして七夕の笹飾りに願いを込めた短冊に「胸が大きくなりたいです」とこっそり書き込むまほろさんのいじらしさ。
そして優のお宝エッチ本を探し当て片付けた、まほろさんの決めゼリフ「エッチなのはいけないと思います」
このエッチ本騒動を拡大した話が番外編でTVスペシャルとして放送されたけれど、この再放送はないだろうか。「エッチなのはいけない」とまほろさんが思う原因も明かされていたと思う。
懐かしいと思うけれども、決して古さは感じない作品です。

まほろまてぃっくストア
まほろまてぃっく - とりおでいこう♪
まほろまてぃっく TVスペシャル ~えっちなのはいけないと思います~ (初回限定版)
妄想ボイスCD第二弾「おしかりCD」
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。