アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うめさん(蒼樹うめ)アニメ化おめでとう!
そして声優デビューおめでとう!
雑誌の連載ではとっくに活躍していたけれど、さらに活躍の機会を得られる事は素直に嬉しい。

初回放送をしっかり見ているのに、なぜか感想書き忘れていることに気がついた。
4コママンガの無駄を削いだ構成から、コマとコマとの間を補完してつないで行くアニメ化には難しさがつきまとうと思うが、第1話見た限りでは無難に乗り切ったようだ。
4コマ的なオチを付けながら進む手法は無理に取らずに、原作をモチーフにして小ネタで落としつつ1話作るようだ。
ギミックな演出も無く、ほのぼの系で落ち着いている。

伊藤良明のキャラクターデザインは原作比で少しキツイ感じがするが、へちょ絵とのギャップを考えるとちょうど良いかもしれない。動くへちょ絵が見られるから良いだろう。

ゆのがメインで動くというより、ひだまり荘の住人の宮子、ひろ、沙英が主人公のゆのを転がして遊ぶような構成。
でも吉野屋先生のジョーカー的活躍が一番の見せ場になりそうな予感がする。

今回は宮子がゆののペアとして活躍。キャストは水橋かおり。相変わらず幅の広い安定した演技。最強妹系やショタ役もいいけど、少々雑な感じの同級生役も悪くない。
ゆの役の阿澄佳奈はメインは初めてかな?評価がまだ難しい。
沙英は新谷良子。クールなツッコミ系で地と合っているのではないだろうか。
上級生のヒロは後藤邑子。基本的にはいつもの感じ。ちょっとお姉さん系もこなす。
やはり最大のキャスティングは吉野屋先生の松来未祐。破天荒な教師キャラを超える演技ができるか、出来れば今後の方向性を決めるほどの重要キャスティングだと思っている。

オープニングは2Dと3Dを組み合わせて、話の舞台に合ったカラフルさ。
最後のスポンサーバックは原作の「ひだまりスケッチ」と同じ「まんがタイムきらら」から「ドージンワーク」のヒロユキのゲスト画。ゆのの目が少々怖い。

こうなって考えてみると、無くなって初めて気がつく現実。
クリエイターや役者のインキュベーターでもあったんだな、ねこねこソフト。
まだ名残を閲覧する事もできる。
http://www.din.or.jp/~nekoneko/
2006年エイプリルフール企画の表紙画はうめさん
http://nekoneko-soft.com/main/html/April_Fool's_Day/060401/index.htm
諸葛瑾の最終回第193回は、うめさんの画
http://nekoneko-soft.com/main/html/nobu/4_193.htm


ひだまりスケッチ 2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。