アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープニングは新規に作ったようだが、オープニングテーマ曲とエンディング曲は既発売の楓(CV:後藤邑子)キャラソン。
エンディングアニメーションは初回限定版DVD付録のミニゲームをアレンジしたもの。
リサイクル作品のようだが、これを製作者は「ディレクターズカット版」と呼ぶ。
BSの角川アニメは地上波では単純な再放送をしない傾向があるようだ。

今シリーズ中には完全新作回もある模様だが、一昨年WOWOWで放送したものをヒロイン毎に再構成して一人2話づつに仕立てるのだろう。
全13話が予定されているので、再構成してヒロイン5人x2話、導入編、新作回、最終回の配分だろうか。
WOWOWで放送したシリーズは、各ヒロインのエピソードをミックスして構成していた。
当初メインヒロイン2トップと思われたリシアンサスとネリネがアニメでは空気化、根強い人気の無口ロリッ娘キャラのプリムラが健闘、黒楓・空鍋事件を巡って「やはり幼馴染みだよな」という楓エンドの予想を最終的に亜沙先輩がうっちゃりで決めたシリーズ(個人的には「なんじゃコリャ!」って感じでしたが)
今回は各ヒロインルートで再構成するから、考えてみればPC版の典型的なエロゲシナリオ構成に先祖帰りしたとも言える(もちろんエロは無いけど)

今回の楓の前編もオリジナルとは違い時系列で幼い頃の事件から書き起こしている。他のヒロインも時系列で生い立ちなどから語り始めるだろうから、マルチエンディングのゲームシナリオをアニメで再現したようなものかもしれない。
とりあえず今回は稟が楓からの誤解が解け、親不在の芙蓉家で楓と同居のフラグが確立したところまでを描いた。

稟とヒロインが出会った順に話が進むようだ。次回は亜沙先輩、ネリネ、シア、その次は多分プリムラだろう。
角川xNavelxランティスのメディアミックス戦略を考えると、ビジネスにならない単純な再構成放送をするとも思えない。
ゲーム本編のアフターストーリーである「Tick! Tack!」からセージ、新作「Really? Really!」から八重桜などを新作回で投入するかもしれない。
未だ完成の気配が無い「「俺たちに翼はない」」キャラを、最終回に顔見せでつなげてきたら、それはそれで面白いけれど。

Navelストア
SHUFFLE! ON THE STAGE(通常版)
SHUFFLE! キャラクターイメージヴォーカルアルバム シャッフルタイム
Really?Really! -Limited Edition-
by AffiliSearch

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。