アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジのこのアニメ枠は興味ない作品が多かったが、キャストに惹かれて見てみる。
キャラクターデザインが島村秀一というのも期待させる点。

第1話から速い展開。
才能をひけらかせながらも壁に当たった鼻持ちならない秀才千秋が、偶々マンションの隣室のゴミ女野田恵と出会い、何かに気づくまでをほぼ音楽だけ、ピアノだけで語ってしまう。
そうするとシナリオは?作画は?アニメとしての本分は何かと考えさせられるのが面白い。

千秋の少年時の声は沢城みゆき。いつも思うが幅の広い役柄を器用にこなす。
現在の千秋は関智一が演じる。この回の嫌味さをたっぷり含んだ演技は彼らしい。それが変化してゆく様、ギャグの振幅も確かな演技。
「まほろまてぃっく」の感想でも書いたが、シーンの演技に合わせて川澄綾子に劇中の小唄を歌わせる演出は良いと思う。彼女の場合は上手下手の比較ではなくて味があるから、ただそれだけで価値がある。
川澄綾子と関智一、セイバーとギル様とはまったく違うキャラでの共演。
島村秀一キャラデ作品では「夢使い」でも共演していた。

のだめの少し崩した足りない感じのキャラの表現、川澄綾子の演技の確かさを感じる。典型的なヒロイン、王妃のヴォイスも良いが、こんな感じも良い。
この作品のキャラは、やはり「音」の表現者である声優の演技で光る。

原作コミックもドラマも知らないが、千秋は指導者としての素質があるのだろうか。
そして天性の才能を持つのだめとユニゾンを重ねてゆく物語の第1話。
あっという間に見終えました。原作の持つ力なのか、アニメ表現の成果なのか、いずれにしろお見事でした。作画?気にならないって事は、作品の持つ力が強いってことですよ。

のだめカンタービレおすすめ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。