アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブキャラが多い割に、その立場はメインを喰うほどのこともなく、視点は護と絢子にだけフォーカスされていたから、伏線が錯綜したりすることもなかった。
少し退屈気味のところに、護のライバルキャラのヨハンも登場して締まってくるかと思ったが、そうでもない。

護と絢子のイチャイチャ、ヒューヒューといった関係を描くのは上手いのだが、ライバル関係を描くと失速する。
エメレンツィアも絢子のライバルと言うにはキャラ立ちが中途半端で、義兄ヨハンに絶対忠誠を誓うのか護にメロメロなのか中盤まで来ても曖昧。
逆に護といえば、絢子を取り合うヨハンのライバルとしては力量の劣勢は歴然。

ライバル関係の戦闘と緊張を回避するかのようなシナリオだから、絢子に釣り合う男になるための護の成長物語に逸れてしまう。
ヨハンが一旦離日した後、また終盤で蒸返して護と絢子のハッピーエンドに向かわせたいのかと思うが、中盤のダレ加減と半端なシナリオ構成で薄味な内容。

護くんに女神の祝福を!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。