アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AT-Xの放送で初見。
コナミ製作、島田フミカネのメカ美少女戦闘モノでOVAが1本だけ出ている。
おとぎ銃士赤ずきん」のようにOVAで観測気球を上げてから、市場の感触を探る手法がコナミでは多いから、この作品もTVアニメ化の可能性が無いでもない。

舞台設定は未来。
「ワーム」との戦いに最終兵器を用いたあとの地球は南極大陸消滅、陸地の多くが海に沈む。
絶滅していないワームの復活に、前戦闘で多くの男を失った人類はソニックダイバー隊の活躍に希望を託す。
架空戦記モノ、美少女メカ、戦闘美少女好きには興味ある設定だろう。
島田フミカネのキャラクターデザインのファンにはもちろんおすすめできるし、駒都えーじファンも重なる部分があるだろう。少し前だと「最終兵器彼女」がやや近いか。あれほど重くは無いけれど。

キャストは桜野音羽役の川澄綾子、普段は可愛らしい、Fateでいえば桜、でも戦う時は少しライトなセイバーのような演技。
堀江由衣が航行補佐の藤枝七恵と、割と地味なメガネッ子役で出ている。

監督:岩崎良明
脚本:吉岡たかを
音楽:光宗信吉
制作:J.C.STAFF

どこかで見たような制作スタッフだが、落ち着きが良いし仕事もこなれている。
でもこのスタッフのままだと、TVアニメ化は先までスケジュールの空きがなさそうだ。

同じ島田フミカネの「ストライクウィッチーズ」も角川&GONZOの製作で難渋していたが、先日とらのあな限定でOVAが発売された。
作品の方向性として両者は全く被っているので、このあたりの棲み分けがどのようになるのか、メディアミックス展開と併せて関心がもたれるところ。
シナリオとしては「ストライクウィッチーズ」の方が深みがあるように思うし、昨年発刊されたヤマグチノボル著の「ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる」もなかなか良かったのだが、TVアニメ化は微妙なところか。
スカイガールズ」にしても、最近のコナミの「深夜33時アニメ路線」とはかけ離れているので、TVアニメ化企画を押し通す熱意があるかどうかは、プロデューサーの力量にかかっているかもしれない。
両作品ともTVシリーズを期待する。

特典付通販はこちら
DVD「スカイガールズ」先着2大特典「絵コンテ」「台本」付
DVD「スカイガールズ」特典付送料無料DVD&サントラセット
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。