アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※【警告】DVD収録分特別回、発売前のためネタバレ嫌な方は読まないでください!

温泉と書いて「とくてん」と読ませる強引なサブタイ。
第12話でデビュー後、約半年後にそれぞれ活躍する3期生の様子と、マネージャーの智弘との関係、定番の温泉話、ラストにらぶドル1~2期生とのスーパーライブの模様を描く。
第13話は約28分でCパートまである。

アバンは智弘のドキュメンタリー風ナレーションでクイズ番組に出演の舞&琴葉のお笑いコンビのドタバタとサービスカット。演出がマジカノみたいだ。
海羽のキャッツ風ミュージカルリハ風景。
太陽にほえろ風刑事ドラマに出演のミニスカポリス比奈、太腿の隙間がモジモジして動くアングルが良い仕事しています。
魔法少女風アニメのアフレコ風景の瑠璃。瑞樹はまだ出てこない。

マネージャーの智弘は最近姿を見せていないようだ、放っておかれて4期生の準備かと疑心暗鬼なメンバー。マネージャーの呼び方がメンバーによって変化している。
瑠璃は変わらず「お兄ちゃん」舞「智弘」琴葉「智弘くん」比奈「お兄さま」海羽「みゅう」

瑞樹は歌のお姉さん役でテレビ出演中、真面目だけど良く見るとお馬鹿っぽい仕事も野川さくらの演技だと良く出来ている。「うっっほっ」「がおーっ!」
少し落ち込む瑞樹にマネージャーからの手紙、瑞樹は「智弘」と呼んでいる。
列車で向かう雪国の宿、先に着いている連れとは瑞樹の期待はマネージャー、実際は他の5人のメンバー。個別にマネージャーが3期生を呼び出したようだ。メンバー慰労のプレゼント。

Bパートは温泉シーンから。お約束の揉んだり・・・被害者は瑞樹、犯人は舞。
舞の「そんなに見るな、減る!」に「減るんだぁ・・・」の海羽のツッコミは良い演出でした。

瑞樹の悩みを聞く智弘「瑞樹がそんなに喋るなんて珍しいな」、瑞樹「うるさいっ!マネージャーなんだからちゃんと答えてよ」良いツンデレを見せていただきました、瑞樹。
ちょっとこの辺は現実の仕事に悩むアイドルとマネージャーの良いお話。
それを他のメンバー5人が襖の陰で聞き耳を立てて崩れ落ちる、典型的パターン。

そして1~3期生のスーパーライブ、各キャラ紹介は止め絵がほとんどだが、無理に動かさなくて正解。
各キャラきちんと描かれている。西又絵を微妙にキャラ立ちさせる平山まどか、堀井久美の仕事を褒めておこう。
ステージの進行は2期生の有栖川唯だがCVは野川さくらで瑞樹と同じ。今回はゲストキャストなし。
止め絵とステージの模様はセリフがまったくないが、劇伴とキャラソンで繋いでいるから問題ない。

Cパートは売れ始めたアイドルの街中でのさりげない日常で、突然終わる。
今回の脚本は上江州誠、Cパート見て「あま渇!」最終回を思い出した。
劇中には各キャラソンが全部使われていたと思う。
この終わり方であれば、第二期があるとしても構成は容易。
メンバーをシャッフルして構成しなおすことも可能だろう。

ちょうどDVD第1巻も発売されたところ。
アキバBlogさんの、らぶドルDVD1巻「これ一体どんな"間違いさがし"だよ!?」の記事には笑わせていただきました。
でも販売店も甘いな、こんな事では西又判子絵マスターの道は遠いぞ。
当然オレには充分見分けが付くけど・・・

らぶドル 関連アイテム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。