アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お前にはこの作品は向いていないと頭の中の何かが囁くが、振り切って今期新番の第一弾レビュー。
介錯原作のアニメ化作品は確かに好きじゃない。「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」も「円盤皇女ワるきゅーレ」も「鋼鉄天使くるみ」もきちんと見たためしがない。「神無月の巫女」などは中途半端な萌えと百合とメカの合体に息苦しさを覚えた。
藤井まきのキャラデザは好きなのと、キャストは悪くないので、シナリオには眼を瞑って見ることにしよう。監督の柳沢テツヤは藤井まきと夫婦なんですね。

これ1クールでしょうね?第1話から落ち着きなく急展開の始まり。
頭の中が現実離れしたヒロイン白鳥空(くう)と白馬の王子様的なイケメン京四郎の出会い、そしてなぜか唐突にたるろっての急襲とせつなの争い、目を離した隙にロボットバトルが始まっていたと、あらすじはこれだけだ。
一見学園ラブコメのようだが、アニメ特有のシナリオの間を動画と音響で補完していくような慎み深さは微塵も感じられない第1回。
演出も笑って良いのか、マジマジ見れば良いのか困る。
生徒一同の面前で空のセーラー服を引き剥き、ブラを露出させた強制プレイもどきの京四郎の動機やいかに?断りなくキスもしてたな。介錯の青年向け同人作品を、間違って原作に紛れ込ませたような味わい。空の下着は可愛らしく描けていたけど、第1話のみブラ見せ詐欺アニメではないかと疑っている自分がいる。

登場キャラは介錯の既作品がモチーフか。
キャストもどこかで見たような感じ。ヒロイン空の役は矢作紗友里、かりんとグレーテルくらいしか知らないが、うーん、このキャラにこの演技はどうだろうかな。キャラの魅力倍増とはいかない。
せつな役の松岡由貴はもったいないかも、たるろって役の望月久代はご無沙汰な感じだが以前にどんな演技だったか忘れた・・・
このあと登場のキャスト(川澄綾子、下屋則子、田中敦子、緒方恵美)は万全だろう。

作画はどうかなあ、ティー・エヌ・ケー(TNK)は介錯原作&藤井まきキャラデを多くやっているから手馴れているだろうが、グロスに出した時が心配。前作「らぶドル」も大きな破綻は無かったが、誉められたほどでもない。キャラが崩れさえしなければ大丈夫だろう。

レビューが1クール続けられる事を、皆様お祈りください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。