アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中だるみ気味の展開も2クール目突入で、プロイセンの魔王、エメレンツィアの義兄ヨハンが登場。少しはピリリとした展開を期待したいところ。
ヨハンのキャストは子安武人。
ヨハンのキャラにキャスティングが合っていると言うより、彼の場合はキャラがキャストに合って来る印象を受ける。かといってワンパターンの演技には聞こえないのが、その力量なのだろう。

そのヨハンが来日、三日間の特別講師を務めることに。
ヨハンは「絢子をドイツに連れ帰る」と公言して憚らないが、その絢子との因縁は生徒会長が護に語る形で明かされた。
ヨハンと絢子の決闘の理由も、絢子に理解のあった唯一の親族でビアトリス使いの叔父をヨハンの元から連れ帰るという薄いシナリオなのだが、何かの伏線があってもっと深い理由があるのか、この後に語られるのかは判然としない。

絢子もヨハンに表面上は軽蔑の素振りだが、その圧倒的な力の前ではなびきかねない気配を漂わせている。嫌よ嫌よも何とかという感じでしょうか。
それともプライドが邪魔をするけれど、体は勝手に・・・という18禁ゲームを家庭用に移植したような展開のような。
シナリオのパターンとしては、ラブコメ・ギャルゲにありがち。

ヒロインとは釣り合わない冴えない主人公、そこにヒロインと過去の因縁を持つ文武両道のエリート登場というところだろうか。
クリスマス話の後は絢子に少し近づいた自信があるかに見えた護だが、相変わらずビアトリス制御は不安定で、ヨハンとは比較にならない。

護の成長物語では面白くないと思うのだが・・・・ん?何話か前の感想で同じ事を書いた記憶が。
あまりそこにポイント当てて構成していくと尻すぼみになる気がする。
強い護でなくて良いから、時にエメレンツィアや妹の逸美にヤキモチ焼きながら、ライバルからは強い絢子が守ってラブラブでいいんじゃないか?
だってヒーローは絢子、ヒロインは護だろう、この話は。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。