アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞シナリオには不可欠な、ペアの佐祐理のエピソードをきちんと書いてきたのには驚きが少々の反面、オリジナルのシナリオを素直に構成すれば、必然かもしれないと思う。
ゲームで言うところのメインヒロイン・サブヒロインなどのキャラポジションに束縛されずに、企画・制作スタッフたちは「構成上必要なものは必要」と佐祐理メインともいえる今回を仕上げてきた。

舞と祐一が深夜の学校で何かあるらしいって事は、育ちだけではなく頭の回転も良いはずの佐祐理が知らないはずはない。だからこそ敢えてその関係に首を突っ込まない佐祐理の遠慮。
この遠慮が佐祐理にあるうちは三重奏とはいかないのだろうなと思わせる。
「邪魔かな?佐祐理」の問いかけに、舞の「邪魔」の一言で済まされる佐祐理だが、祐一が二人の関係に割り込んでいることで「ひびわれた」のではないだろう。少し心に隙間が空いたくらいだろうか。本当のひび割れは後半の物理的・直接的なダメージと、佐祐理のいない舞と祐一の二者関係を指すと思われる。

お嬢様ってのはそうなのかな?と思わせる、本心は可愛がってあげたい頭を撫でてあげたいと思いつつも弟への厳しい態度。弟との悲しい別れから自分を名前でしか呼ばなくなった佐祐理の秘密も明かされる。
強い心の裏側で人一倍脆い佐祐理の頭を撫でてあげられるのは、祐一ではなくて舞なんだろうなと思わせられる。故に佐祐理は舞視点で描かれる極上のサブヒロインでなくてはならない。
過去話を祐一の視点で描いているように見えるが、佐祐理の一人語りで、彼はモブに過ぎない。

「この曲の名前、ご存じですか? カノンです。バッヘルベルのカノン。同じ旋律を何度も繰り返しながら少しずつ豊かに、美しく和音が響き合うようになって行くんです。そんな風に一見違いのない毎日を送りながら、 でも少しづつ変わっていけたらいいですよね」

祐一といる百花屋で、この「Kanon」の物語全てを一言で説明してしまいましたよ、佐祐理さん。全14話中最大のネタバレと評価するか、原作で触れていない所をアニメ流の解釈をして見せたか、どっちでもいいけれど最強のサブヒロインは佐祐理に違いないだろう。
舞シナリオの中で、佐祐理の存在を更に輝かせた構成には脱帽。

その舞シナリオに戻って、プレゼントを背負った佐祐理が深夜の学校へ。
電話を待たずに家を出た祐一とのすれちがい・・・
幼い出会いはなかったが、佐祐理とは今になって「約束」を守らなかった事になる祐一。
佐祐理が魔物に襲われた責任を祐一も舞も感じるわけだが、舞は自分の至らなさに自害まで図る立場、祐一は舞を諌める力強い父・兄的な立場と別れて描かれている。
この場面の舞の慟哭狂気の表情から、「祐一の言う通りにする」か弱い一人の少女に戻り祐一の胸に抱かれるジェットコースター的な緩急は田村ゆかり快心の演技。

水瀬家の日常は淡々と描かれているが、謎ジャムの被害者リストにあゆが追加。
アバンの作画と演技レベルの低さが少々気になるところ。珍しいが、ここだけどうしたんだろう。
名雪がうさ耳取り出しましたが、次回の伏線でしょうね。

次回第15話 「かくれんぼの小奏鳴曲~sonatine~」
「ずっとむかし、一人だけ友達がいた。でも、その子も私から逃げた」
「逃げた」と言う表現が胸に刺さる、舞の過去話と舞シナリオの佳境ですね。
「逃げた」のは誰か・・・
その次、第16話 「真夜中の聖譚曲~oratorio~」
あゆを舞、佐祐理とさらに栞と絡めて栞シナリオへのつなぎ回でしょうか。
名雪シナリオはその後か、それとも陰陽的にあゆと並行またはミックスした構成にするのか見もの。

Kanon アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。