アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/27頃に届いていたのだが、年が改まってようやく見ることが出来た。
第1巻に収録されている第1話から第3話まで見直して思うことは、単発1話ごとでは浅い感想しか書いていないなという事。
2クール終ってから書くとまた違った感想になるかもしれない。


DVD第1巻にはオーディオコメンタリー収録。
Keyの折戸伸治、樋上いたる、しのり~が登場。開発から9年も経っているから、皆あまり覚えていないところが記憶を失くしたこの街の人々と同じで面白い。
開発秘話が聞けるわけでもなく、グダグダトークだが、まあ悪くは無い。

もう1本の特典映像は京アニの制作現場レポート。
興味のある方には面白いだろう。

初回版封入特典は、アイヌ風衣装の名雪のキャラクターカード、樋上いたる描き下ろし栞(美坂栞ではないよ)
4コマ漫画ってこともあるが、以前のいたる絵から想像できない作風。

こちらは新収録のLast regrets/風の辿り着く場所


オリジナルバージョンとテレビバージョン各々が収録されている。
彩菜のヴォーカルを新収録した 2006memorial mix だが、昔の声の可愛らしさが消えているのと声に伸びがない。彩菜の表現力でカバーしているから悪くはないが、オリジナルが今も持つ新鮮さと比較すると落ちる。
新アレンジは Manack
当時感じたオリジナルのI've 高瀬一矢の同時代性とは違い、無難というかオリジナルの呪縛があるのか尖った部分がないのが残念。どうせオリジナルが一緒に収録されているのだから、もっと冒険をしても良かったのではないか。

ジャケットイラストは京都アニメーション。
Kanon アイテム
Kanon 1
Last regrets/風の辿り着く場所
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。