アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝6時前、夜が朝に入れ替わる直前の不安定な藍色。
そんな東京の空も悪くない。
今回の冬コミは3日間、今日が最終日。2日目までと違い、風もいくらか穏やかになってきた。
今日は企業ブース以外の様子をお伝えする。

りんかい線新木場の始発電車で5時40分頃には西館待機列に並ぶ。比較的早いブロック。
電車が着くたびに中央プロムナードは埋まり、8時頃にはTFT裏に待機列が出来た。
9時過ぎには入場整理移動、9時半過ぎには西館へ。
ほとんどが東館と企業ブースへ行くので、こちらは少数。
久しぶりに館内で開始アナウンスを聞くことが出来た。

こちらでは「ステージ☆なな」(片岡とも)と「こげこげはうす」(コゲどんぼ)のみ。



東館の大手は買えなくても仕方ないとあきらめているので、ゆっくり移動。
こちらでは「みずきちゃんくらぶ」(ごとP)あといくつか。



東館は一通り全部眺めて回ったので、感想を。
シャッター前、壁の超大手などのオリジナルも多いが、版権モノがほとんど。
夏と比べてハルヒ旋風もパワーダウンしたが、それに代わる物が無い感じ。
Fateや東方、ひぐらしなど同人の星とも言えるものは目立つが、それ以外なのはが根強い。でも創る方もちっちゃななのはやフェイトしか眼中に無いだろう。

ゲーム原作ものではLeafモノ(TH2など)はコンスタントに出ているが、keyやFateなどはシナリオ、二次創作小説などテキストコンテンツも多いのが特徴。
秋のアニメ新番になった「はぴねす!」や「Gift」「おとボク」は原作ゲーム発売から時間もたっているので、いまさらのブームにはならない。「夜明け前より瑠璃色な」は少々見かけたが、表紙を眺める限りではアニメのキャラデザより優れていたものが殆どなのは面白い。「2ページ目までは良かった」なんてオチは無いとは思うが、買っていないのでわからない。

歩き回って足を棒にして16時の閉会1分前、10月に亡くなった前準備会代表の米澤氏への黙祷。
搬出が始まり、退場する一般参加者も多い中で一瞬の沈黙。あの広い東館が咳払い一つせずに静まり返った。
ある意味、理想郷を作り上げた米澤氏亡き後、今後のコミックマーケットは変貌してゆくのだろうか。
今回はそのようは片鱗を感じることは無かったが、一時のオタク・アキバブームも醒めた後、コアな参加者が続けて行けるだけの基礎はあるだろうか?
表現の自由に対する社会情勢の変化に向き合いながらも「聖域」を残して行くのだろうと思う。

ちょっと余談。
閉会後にさすがに疲れて通路ベンチに座ってうつむいていたら、良く見る準備会スタッフの方が「お加減大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
睡眠不足と疲労でウトウトしていたのだが、気になったようだ。こちらも一般とはいえ参加者の一員、
少しお恥ずかしい次第。スタッフの仕事とはいえ感謝しました。
反面、一般参加の若い方(年寄りの言い方ですまないと思うが)待機中のごみや喫煙の問題で気になることも多かった。

本年最後の更新記事を準備会スタッフ、サークル参加者、一般参加者、企業参加者の方々への感謝で締めくくれることは幸いに思う。次回C72の開会を元気に拍手で迎えましょう。
また拙い記事をお読みいただいた全ての方々、批評させていただいたクリエイター、製作、制作関係の方々にお礼を申し上げます。

他のコミケ71記事はポにゃペぺ堂さんのコミックマーケット71の特設ページが充実しています。
この冬コミ新刊の情報はアキバBlogさんの「2006年最後にして最強の18禁!」 冬コミ2日目の同人誌ランキング12/30 でも紹介されていますのでご参考にどうぞ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。