アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙を漂流する巨大桃型ロストテクノロジーを回収に向かうルーンエンジェル隊4名。
封印された悪の力によるものか、任務から戻った4名がワルに変身。

アニス・暴走族の頭、テキーラ・中学生を誘惑、リリィ・赤信号渡り10円猫ババの小心者、ナノナノ・ピンポンダッシュのお子様いたずら
このワルぶりはキャラの特徴を引き出していて、さもありなんと思わせる。
シリーズ中最終回でも良かったけれど、メンバーのキャラ立ち考えると初っ端の第1回にかましても面白かったかもしれない。

残るリコは休暇で姉のミルフィーユとお茶。
ミルフィーユの「復帰しちゃおうかな」に対し、リコ「私一人でも皆を元通りにしてみせる」と気合い入れるものの、協同作戦とは言え結局はミルフィーユの活躍の場を作ってしまった形。
今さらミルフィーユと思わないでもないが、挿入歌の販促もあることだし、この脚本は大人の事情でしょう。最後にカズヤが桃から出てきたのは、どうでも良いネタ(笑)

柿本優子脚本とは言え、それらしさを感じるのはAパートだけ。
Bパートは脚本がどうのではなくって、今回の絵コンテ・演出の岸誠二カラーを感じる。好きなようにやった感じ。
本当は紋章機も合体ロボも不要だと思うし、合体ロボ対戦でBパート引っ張るのは苦しいと思うが、それでも最大限に間を詰めた演出。
今回の制作スタジオはサテライトだと思うが、戦闘CGだけはバカみたいに頑張っている。でも出来が良いとは言えない。

ネタも仕込んであって、合体コマンドボタンに「離婚」など潜ませているし、リコとミルフィーユに「うわっ、まぶしっ!」と言わせているのは某作へのオマージュだろうか。

何度も言うが、ABパートで毎回2話構成ならスピード感のあるシリーズになったと思うが、製作の都合で無理なのだろう。残念なところだ。
あくまでリコはワル・エロで弄らない方針も堅持したようだが、それにどれだけ意味があっただろう?
時代が求める空気は、清廉潔癖なヒーロー・ヒロインとは少し違うところにあると思う。
シリーズが進むうちに、キャラが勝手に動き出すような盛り上げにはならなかったのが残念なところ。アニスとナノナノには可能性を感じたが、リコ至上主義の中、1クールでは難しい。

全体通してみると音響は寂しいというかダメ。たなかかずやがクレジットされているけど現場に誰が出張っているか知らないが、仕事してないんじゃないの?
制作は、サテライトが仕切れてないような感じ。デスクあたりがキチンとしていないのでは?

毀誉褒貶の激しい本シリーズだったが、最終話にして初めて「岸のギャラクシーエンジェる~ん」になったのではないかと思う。
しかしラストの「債務完済報告書」に済印を押すカットには、岸誠二監督の思いが現れているのかもしれない。

ギャラクシーエンジェる~ん関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。