アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴漢に襲われた貴子を助けた瑞穂だが、男バレして貴子はショックを受ける。
他方、瑞穂の活躍は学園内の話題に。
瑞穂も気まずい思いのまま夜空を仰ぐが、まりやの「体を動かしてすっきりしたら?」
性に悩む中学生への人生相談の回答のようだな。

昼休みの生徒会室のドアの前、エルダーの最後の務めとして、ダンスパーティーに参加することを許して欲しいと貴子に伝える瑞穂。
ケジメをつける覚悟が出来たようだ。

ダンスパーティー当日、一子が歩いているがバージョンアップした幽霊ということか。
ダンスのシーンはカット数はそれほどでもないが、一応モブも踊っている。作画は頑張った方だろう。
まりやと貴子は一応は和解し、瑞穂が選んだラストダンスのパートナーは貴子。
瑞穂に「去る事は誰も望んでいない」とエルダーでありつづけるように要請。
さらに「責任取っていただかないと」と振り返りキスを・・・
勝負球はフォークボールで、素直でストレートなオチは用意していませんでした、この制作スタッフたち。
一瞬の停電の後、振り向いた貴子の先にはまりや。
和解したとは言うものの瑞穂を巡っては三角関係のライバル同士。

まりやはともかく、貴子は「男の瑞穂」に恋したと言う解釈でよいのだろうか。
いや、こんなに可愛い瑞穂ちゃんが女でないはずはないから、可愛ければ性別の差は乗り越えた感情なのかもしれない。
単純な貴子エンドとも言えず、瑞穂を男と知ったまりや・貴子・一子・紫苑と、女性だと思いつづけているその他のキャラたちとの二重構造ハーレムエンド。
3人は瑞穂の秘密を共有し、卒業までの3ヶ月間を楽しんだのだろう。

エンディングカットは正月・バレンタイン・温泉・卒業証書と一区切りつけたので、単純な続編はないだろう。DVD収録の第13話は番外編、外伝的なものかな。
キャラメルボックスにその気があるのなら、続編ゲームを出して欲しいところ。
卒業した瑞穂ちゃんが女性教師として学園に赴任したところから始めて欲しいものだ。
タイトルは「処女(おとめ)は先生(ボク)に恋してる」でどうだろう。

放送開始前はキャスト変更が騒がしかったこの作品。
終わってみれば、この問題はアニメの出来には何も影響を与えなかったと言っても良いかもしれない。原作ゲームに思い入れがあると声優の変更は容赦し難い事も理解できるが、既にドラマCDの時一部にキャスト変更も変更されているし、まあPCゲーム原作だと良くあることでもある。
もちろん個々のキャラ見て行くと、イメージが合わない、レベルが低いと思えるキャスティングもあるが、これはこの作品に限らない。

おとボク関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。