アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
式守の秘宝を廻る最終話。
おっかしいなあ?春姫のキスで元気になるのはお約束事でかまわないけど、雄真は主人公だったのか?
「不幸の魔法」と思い込み雄真が魔法を封印した秘密、偶然雄真の魔法で助けられた幼い春姫、学園と式守の秘宝、これくらいを軸にして構成しているのだけれど、話ごとに視点が違うものだから「一体誰が主人公なんだ!」と叫びたくなる。
中盤までは空気のような存在、終盤に過去話がらみで出張ってきてヘタレていた雄真が美味しいところをさらって行きました。だからどうにも腑に落ちない。
シリーズ構成の上で視点が変わる必要があるのなら、ナレーションを特定の一人で通すとか、狂言回しでハチや準にゃん使うとか手法はあるはず。
特に準にゃんは男でもあり女でもあるから、狂言回しには格好のキャラクターなのだが、今となっては惜しい。

伊吹と信哉が結界を破り秘宝を手にするが、伊吹は亡き義姉那津音の召還を試みるが力及ばずに秘宝が暴走。このあたりの伊吹と信哉の関係の描写は主従関係をキチンと押さえた演出がされている。
封印していた鬼が復活し、小雪・杏璃・沙耶の加勢も焼け石に水。

一方のウジウジ雄真を見つけ出したハチと準にゃん。
そこに空からタイミング良く春姫が盛大なパンモロで登場。
それでもウジウジ雄真に、冒頭に書いた春姫のキスでビンビンに。
このウジウジ・ビンビンを最終回でやられると、話の流れと間を壊すと思うのだけれどいかがでしょうか?前回までに伏線整理で終わらせておいて、最終回へのタメを作らないとシナリオの勢いが無くなるように思う。
今回だけでも後半までに伊吹の秘宝、ウジウジ雄真、鈴莉のすももの治癒と並行して3本走っているのだから慌ただしい。

3本の並行したシナリオが合流して、最後は戦隊モノや少年漫画のようにエネルギー爆発!
皆の魔法の力で、雄真の笛の力をパワーアップして鬼退治。
文章で書くとなんじゃコリャ?だが、絵で見ても演出が気恥ずかしい。
オールヒロイン全裸(DVDでは無修正でしょうね!?)で雄真に合体。信哉が裸でなくて良かった(笑)

中盤で沙耶が言っていた通り、式守のことは式守の手で解決させるべきではなかったか?
伊吹は那津音の形見の笛に彼女の魂を見る事が出来たが、本当のカタルシスは得られていないだろう。義姉と同じ様に自分の手で秘宝を封印していないのだから。
雄真に笛を吹かせたことがつくづく悔やまれるラスト。彼はその秘めた力を持って伊吹のバックアップとその魂の救済にあたるべきだった。雄真自己満足の最終回。

Cパートはエピローグ。
魔法科に転入した雄真は力のコントロール練習中。
勢い余って木の芽が伸びて桜満開に。
「もう、がんばりすぎ!」ってなんか春姫さん、あんなこと想像しちゃうんですけど。

はぴねす!関連アイテム
準にゃんのキャラソン出ないの?
はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.IV
はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.V
はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.VI
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。