アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までの出来栄えから、最終回は好き勝手にやってくれ!とも思っていたが、本当にこんな得体の知れない終わらせ方をするとは想像もしなかった。
ギャグで締めるかと思えばそうではなく、シリアスでもドラマティックでもない、カタルシスのないバッドエンド。救済されたのは達哉とフィーナだけ。
悪は悪らしく最後まで黒く徹するか改心するかのいずれでもないユルゲンも、中途半端な道化師。
フィーナ=フィアッカの存在意義など無いに等しい構成。
ましてやサブヒロインズは半端なキャラ立ちで、期待した分失望も大きい。

ユルゲンのクーデター計画も杜撰で、あっさりとカレンたちに取り押さえられた。キモ顔だけが印象に残ったが、あの波動砲のような秘密兵器も自慢の割には、演出に何も効果をもたらさなかった。
戦争するのかしないのか、こちらも中途半端な構成。
作画だけ気合い入れてもダメなものはダメ!

ユルゲン最後のあがきで撃たれたフィーナを庇って達哉死亡!
さあ、今こそフィーナ=フィアッカの出番で達哉を蘇生させて、フィアッカの情念も解放されるかと思ったら、とんでもない脚本考えましたよ、この方たちは。
原作では行方不明の達哉の父親がUFOに乗って登場!不思議な光線で達哉の傷が治癒。
なんでアニメオリキャラに見せ場を持たせるのか?
ここで達哉の父が活躍しても、誰の魂も救済されないと思うぞ。
シリーズ構成が雑で行き当たりばったりだから、伏線を張るとか伏線を回収するとか何もないものだから演出上も突然感ばかり。

エピローグ、数年後のフィーナと達哉の結婚披露宴。派手で悪趣味な演出。
アニメオリキャラで仁と菜月の母親鷹見沢春日が登場したが、そんな細かいネタ考えなくてもと思う。ちなみに声は寺田はるひ。はるひ呼んだからキャラも春日なのか?
こんな露悪的なエンディングよりも、イタリアンズ連れて川辺を散歩するフィーナと達哉、他のキャラの数年後を1カットづつでも見られた方が幸せだった。

まあ、ここまで壊したからには次期は無いでしょう。
エンディングアニメーションはスペシャル回想バージョンだが、キャベツの千切りを修正していたのはあざとくないか?
バンダイビジュアルと製作委員会に過去を直視し反省する意思があるのならば、DVDは修正版に差し替えなどせず、放送版と両方を収録すべきだろう。
なぜ戦争が起こった?とユルゲンに対しフィーナが言った「勇気が無かったからよ」
資金と時間だけじゃなくて作品への愛もない、製作と制作の全ての方々にそのままお返ししておきたい。

夜明け前より瑠璃色な-ラベンダーアイズ
ドラマCD「TVアニメーション 夜明け前より瑠璃色な」Vol.2
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。