アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、ちょこの消失話から復活して、今回は総集編、ゆく年くる年、消化試合のようなもの。
第1話からちょうど1年後のクリスマスにあわせて設定してきた。
それでもキチンとスジは立ててあって、ちょこのクリスマスパーティーの準備とまわりの人たち総登場、パパとのクリスマスディナーを楽しみにするゆりぴょん、サンタさんが大きな軸。

相関関係を書くと面倒なので省くが、登場人物が何かしら絡んでくる。
管理人さんとケーキを焼いたちょこ、それを配り歩くのだが、何らかの形でちょこにお返しがある。
真琴はサンタの帽子と手袋、そしてオダエリに電話してパーティーに誘い、安岡さんからは消失事件のときのマフラーが戻ってきた。
パパとのディナーがキャンセルになったゆりぴょん。
ちょこのパーティーの誘いは断っていたからバツが悪いけど、駆の強引な誘いでパーティーに。
ツンデレお嬢様はこのくらい強引にしないとオチないと、駆は本能的に感じてるのだろうか。
そんなゆりぴょんは、メイドさんにもさりげなくプレゼント置いていたのが良い演出。

アパートの一室でゴロゴロして、ラーメン屋からくわえ楊枝でパチスロ打つやさぐれたサンタさんには不吉を覚えたが、ちょこを回収にくるオチではなかった。
今回は特に良いも悪いも無いが、シリーズの出演者は全部出たのかな?
綾乃さんとかミドリさんとか天国の安岡さんの妻子にクロも出てたが、収録は賑やかそう。

シリーズ通しては1クール目の綾乃さんシナリオがイマイチ、2クール目のゆりぴょん投入で持ち直し。珠美先輩やマスターのキャラ立て不十分。駆の三姉妹なんか、もっと早く投入すれば美味しいキャラだと思ったのだが。
いちばん残念なのは管理人さんが薄幸すぎ。いいもの持ってるんだが。
真琴は後半まあまあかなあ。
キャラ多すぎて消化不良でもあったのだろう。
ところで「ねこにゃんダンス」は狙い通り売れたのだろうか?

ちょこッとSister 関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。