アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の脚本と絵コンテ・演出は楽だったろうなと思わせる最終回(一応・・・テレビシリーズとしては)
アイドルの卵たちがデビューするまでの成長物語で、今回はデビュープレイベントの成功を描く。
イベント前夜の緊張、それを見守るスタッフと仲間、母親の意外な登場などドラマとして定型パターンだから、これでコケる話になりようが無い。
DVDに収録されるといわれる、たぶんデビュー後のアフターストーリーの第13話につなぐ事に徹してか、比較的あっさりとまとめた。

イベント前夜から当日のアンコールまで、時系列で淡々となぞった脚本で、サプライズは何もない。
エピソードとしては、前回ようやく和解した母親をイベントに招待しなかった瑞樹に対し、こっそり呼び寄せていた智弘マネージャー、留守の食堂を切り盛りする比奈の家の執事が挿入された程度。

開演前のシーン、止め絵のカットを劇伴でカバー。
無理に動かさずとも、西又絵が崩れなければこの手法で良いと思う。
メンバー6人の表情をカメラローテーションでグルグル回すのは、視聴者が酔いそうだ。テレ東ならNGかも。
イベントの前説キャラは一期生の日渡あや。
これだけの出番に川澄綾子を呼ぶとは贅沢。そう言えば瑞樹の母親役の井上喜久子、今回は割合セリフが有った。
挿入歌のシーンは絵を動かしているが、各コーナーは止め絵。悪くは無い。
作画は二原も3社使って頑張っていた方だろう。作監も4人ほどいたような。
面白みの無いラストではあるが、このシリーズで超展開エンドなんてやられたら寝覚めが悪い。

今回シリーズのDVDとキャラソンCDはエイベックス、エンタ―ブレインは原作メディアミックス戦略、ポニーキャニオンエンタープライズは製造、フィフスアベニュー(TNKの関連会社)は制作側からと、製作委員会の狙いがはっきりしているのが面白い。
ランティスはドラマCDなどの販売と、このシリーズのキャスティングで商売。

スタチャに対抗してエイベックスxランティスで「らぶドルユニット」を売り出すのではないかと一抹の不安が・・・
ランティス流のキャスト変更でドラマCDから変更(氷青から酒井香奈子、森山理来から茅原実里)があったり、DVD販促イベントで3月にライブの予定があったりと、売る気充分。
当たれば4期生とか出そうだし。

らぶドル 関連アイテム
TVアニメ「らぶドル」ドラマCD
「らぶドル SONG BEST」
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。