アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回スペシャルでオープニングアニメーションなしにいきなり重い調子。
雪の北陸路、岬に向かった岬ちゃんを特急で追いかける佐藤。
「私がいるとみんなが不幸になる」と義父から言われた岬ちゃんの過去とトラウマ。
自分よりダメ人間と見込んだ佐藤に断られてプロジェクト失敗。これが岬ちゃんの生きる道程を奪い、浴室で手首を切る直接の引き金。

佐藤も説得に迷いがある様子で「愛している!必要なんだ!」と叫びつつも「別にいいじゃないか」と裏ではつぶやいている。
断崖から飛び込もうとする岬を捕まえて、岬を苦しめる陰謀と自分の引きこもりの元凶であるN・H・Kを無理やり結びつけるのはパフォーマンスじゃないだろうか。
挙げ句の果てに断崖に突進。よくよく崖から落ちる男だ。
転落防止ネットが命を救うが、格好悪い事この上ない。しかし命有ってのものだね。
オタクと引きこもりはドラマティックには死ねないらしい。

近くの廃屋は、岬ちゃんの生家。
ちょっと演出に間があって、尺持て余してるかな。
廃屋の岬ちゃんの部屋で二人、漠然とした不安にブラックアウトさせても良かったように思う。
今さらフロイトの夢分析の再登場は蛇足。

エンディングは春。
山崎からは結婚するかも、瞳先輩からは赤ちゃんが生まれた知らせ。委員長はどうなったんだろう?
佐藤は別のアパートに引っ越している。公園でのカウンセリングは、佐藤が岬ちゃんに大検用の教師役に変わった。
そして岬ちゃんの新しいプロジェクト発動、それは「日本人質交換会」罰金100億になってたのが笑える。
希望があるような不安だらけのような明日につながるエンディングで締めた。

シリーズ全体を通すとイタイ引きこもりとオタク、メンヘラーたちにスポットが当たるが、最高に格好悪い主人公たちの青春群像を描いた、現代アニメ。
当初2クール持つかと思ったが、構成の西崎悟は「はぴねす!」よりは良い仕事したと思う。
作画や声優の仕事は決して誉められたレベルではないけれど、テーマの強さと脚本のパワーで何とか乗り切ってきた。
ただ、角川で2クール作品だとDVDが全12巻になるので、大変買いにくいのが残念。

N・H・Kにようこそ!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。