アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いたずらに黒霧乃を引っ張らずに、想い出を摩り替えられた莉子の苦悩と解決に動く春彦を中心にまとめてきた。少しあっけない感じもするが、暗黒オチを望むのでなければ最終回を前に解決序章として妥当な構成だろう。

幼い頃の写真を見ても記憶が無い莉子。部屋に籠り床に臥してしまう。
いよいよ自分で解決しないとならないと悟った春彦が主人公らしく活躍する。
たま姉に Giftは17年前の 4/15 に誕生したこと、それは春彦の誕生日でもあり母の命日でもあると聞くのだが、それでは母が春彦と触れ合うはずも無く、Gift を贈るのは無理だと。
この種明かしは、未熟児だった春彦の本当の誕生日は 4/1 これでは早生まれで学年が早くなる。
心配した父が 4/15 として届けたということだ。約2週間の期間がある。

母の墓参に来た春彦が莉子を救いたいと叫ぶと、墓石が発光し見たことが無いはずの情景がフラッシュバック。春彦誕生から母の無くなるまでの2週間を日を追って描いてくれる演出。
この超常現象演出は場当たり的な感じもするが、Gift の世界では違和感が無い。
主人公がウジウジ悩んで周りの手助けで過去が明らかになるより、やはり回想シーンでさっさと過去の秘密を見せてくれたほうがスムーズだし、最終回前の伏線整理をコンパクトに演出するのには都合が良い。
しかし、母がそのような力を持っていた理由は語っていない。

母の想いと Gift の秘密の一端を知った春彦は、大切な莉子のために Gift を消す決意をする。
さて、黒霧乃は莉子の記憶をたどって駅へ。
そこで幼い春彦と莉子の別れの記憶を我が事として想い出す。
そして「つらいのは私一人ではない」ことを知るのだが、最終回にはどのように救済されるのか。
予告に映っていなかったが、まさか放置ってことも無いだろう。

作画では部分的にキャラ表情の違和感もあったが、まあまあ。
脚本と演出は申し分ない。
主人公が主人公らしく動き、解決に向けて上手くまとめてきた。

エンディング曲を唄う藤弥美里はオススメ!
Gift ~eternal rainbow~ 関連アイテム
TVアニメ「Gift ギフト ~eternal rainbow~」ED主題歌 ココロ虹を架けて
PS2ゲーム「Gift ギフト -prism-」主題歌 虹色
PCゲーム「Gift ~ギフト~ にじいろストーリーズ」主題歌&オリジナルサウンドトラック
by AffiliSearch

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。