アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンにあゆのモノローグが戻ってきた。
真琴の物語から舞の物語に直結させずに、祐一と水瀬家、そしてヒロインたちとの日々の物語を緩やかに挿入してきた。
真琴のいない日常を確認すると共に、唐突に次の物語に進まずにバッファーの役目を果たしている。前回の美汐との後日談から、その他に真琴に関わったものたちのフォローを今回しているのは嬉しい(悲しいけど・・・)
真琴の名残を残しつつも、ぴろが還って来るなんて細やかな演出。
シリーズ全体では意図を持って大胆に構成している部分も見えるが、話中のエピソードは丁寧に拾い描いている。

サブタイ通りにマルチシナリオ移行の間をつなぐ回であると同時に、ヒロインたちの表と裏、光と影のコントラストを伏線的に暗示した回でもある。
今までは映像描写のモチーフとして光と影が頻繁に使われてきたが、それが心理描写にも色濃く及んできている。

寒い中庭から校舎内に入らないという栞の秘密
「奇跡なんてそう簡単に起こるものじゃないのよ」香里の言葉の意味
深夜、物の怪と戦う舞と周囲の目
舞と佐祐理
真琴(この名詞の出現頻度が減ると思うと悲しい:筆者注)のいない水瀬家と名雪
あゆとその家庭の謎

また、この作品のサブテーマ的なフレーズも相変わらず頻繁に登場する。
「何回繰り返してる、こんな事」
「約束だよ」「うそつき・・・」(名雪に言われると自分の事のように心が痛むのは何故だろう)

久しぶりにあゆ登場。
ぴろを見て「タイヤキ盗んだ猫だ!」これでぴろの伏線回収。
真琴のいない水瀬家に居候。
「あゆちゃん、なゆちゃん」は微笑ましいが、名雪は不憫だよなあ。
この二人の場合は正副ではなく、表と裏、光と影の関係に思えることが多い。
あゆと比べると裏、影は名雪なのだが、それでも今回のシナリオでは「お前も色々と考えてるんだな」と祐一にフォローさせたのはささやかな救い。
頭を撫でる祐一を上目遣いで見上げる名雪の表情も可愛らしい。
二人の微妙に噛み合わない会話も慣れてくると夫婦漫才のよう。
うん、やはり嫁にもらうなら名雪だ。百花屋のストロベリーサンデー何杯でも食べさせてあげよう。

Bパートの水瀬家の夕食風景でセリフないところの演出やキャラの作画に少し難があったが、シナリオに助けられて許容範囲。

何気に舞の物語だと思わせておいて、真琴の物語のフォローと名雪中心の回だった事は良い意味で期待を裏切られた。もちろん今までの魔物の伏線から舞シナリオの導入部にはなっていて、次回の舞踏会イベントにつながるのだが、あと2話程度しか尺を割かないのではないかと思う。
舞、栞+香里、名雪、あゆと来るのか?名雪シナリオの整合性をどうするか?
そして、少しで良いから美汐の笑顔をまた見てみたいと思う。

次回予告に久瀬が登場するが、声は誰だったろう?
そろそろ神谷浩史が復帰できた頃か。

Kanon アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。