アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく11話までたどり着いた。
このアニメ作品で監督が何をしたいのか、おぼろげながらわかってきた。
原作ゲーム「夜明け前より瑠璃色な」の「ワールド」を無視しシナリオとキャラを借用して、宇宙戦争とスペースオペラを描きたかったのだ。
今にして思えば、第1話冒頭の地球と月の戦争のセピア調の回想シーン。
達哉とフィーナの出会いと再会と見守る周囲の人々の想いよりも星間戦争の伏線の方が大事だったんだろう。

さやかの大統領補佐官への設定変更、麻衣も菜月もミアもお当番回も無く、PS2でヒロインの座を勝ち取った翠も賑やかしキャラに過ぎない。リースは意味不明の変な「金髪幼女」でイタリアンズなどは存在すら消された。
萌えキャラ、キャラ萌えを徹底的に排除したフシが見える。

過去の経緯にばかりフォーカスが当たり、その争いのエピソードを強化するキャラだけがスポットを浴びた。それは監督ご自慢のオリジナルキャラたち。
地球大統領、許婚ユルゲン、カメラマン高野と助手。いずれも過去へのこだわりを持つものたち。
それらによって心神耗弱の月国王などという、優柔不断で戦争に突き進むキャラを補強している。

過去にこだわるものたちに対抗し、未来を目指すべき達哉にしても、周囲の努力でやっとここまで来れただけ。
達哉の成長物語と呼ぶには、お粗末な脚本とシナリオ構成。
木に竹を接ぐが如くの浅薄な企画では実が成る事もない。一時の制作のダメさ加減に監督へ同情の余地ありと錯覚したが、今回見てそんな余地なし。
企画も製作委員会も丸投げの動無童夢も深く反省されたい。

今回の制作体制にはバンダイビジュアルの責任は重い。
童夢はサンライズの系列。そのサンライズとバンダイビジュアルはバンダイナムコHD下の兄弟会社。どう考えても童夢救済だろう。
どうも今期はSHAFTといい、サンシャイン・コーポレーションといい、井草方面のスタジオが芳しくない。

最終話で達哉とフィーナの活躍があって月国王の判断を覆し、ユルゲン追放、平和が戻り達哉とフィーナの関係も認められる大団円は見えてしまった。
せいぜい最終話の見どころは、秘密兵器を隠しているらしいユルゲンの抵抗と道化、そしてむやみに力が入っている戦闘シーン。ガンダム風ロボットでも出てきたら拍手。
もし大団円オチでなく、夢オチなら暴れ、他の気の利いたオチなら誉めてあげよう。
夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue-(初回限定版) 特典 「瑠璃色イラスト ミニポスター」+「瑠璃色セレクテッドBGM(マキシCD)」付き
夜明け前より瑠璃色な フィーナ ビックタオル
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。