アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先に作画のことを言っておこう。
制作のTNK(ティー・エヌ・ケー)が「はぴねす!」第10話をグロスで請けていた事は書いたが、自分のところの「らぶドル」を第10話のドロップに続き今回はビージェイにグロス出し。
ビージェイは最近では「あさっての方向」第4話を請けていた。「灼眼のシャナ」でも見かけたしJ.C.STAFFとつながりが深い印象を受ける。
キャラのアップは良いが、ちょっと引きになると崩れる。これが実力なのか、管理できないTNK&AICが悪いのか。

絵コンテも演出もバラバラな印象がある。
瑞樹と母のシーンは環境ビデオのように劇伴でつなぎ、キャラの口パクあるのにCVを入れていないのは放送事故かと思った。
もしこれが演出の効果を狙ったとしたら失敗。萌えキャラアニメではもっと喋らせないとダメだろう・・・
せっかく母親役に井上喜久子を呼んでいるのに。

これで瑞穂の歌うことで母親への「復讐」は終わったんだろうか?
母の歌で笑顔になれた自分が、今度は自分の歌で母親の笑顔を見ることが出来る。
気持ちの整理はついたように描写しているが、そんな瑞樹と母親の和解の描写は感動も薄いものだった。

一方の5人のメンバーイベント前のレッスンとチラシ配り。
結局は1期2期生たちの手助けがあって、なんとかチケットも売れ始める都合の良さ。
マネージャーの智弘は直接手を貸さずに見守るスタンスという事だが、自ら手を下さずとも智弘になぜかラブラブな1期2期生がその意を汲んで自主的に解決に導くご都合シナリオ。
なんだかアイドル界の黒幕みたいだな、智弘・・・
いや、別に嫌いじゃないですよ、ご都合の良いシナリオも。
智弘がハーレム状態なのが嫌いなだけで(笑)

1期2期生は全員出ていたと思うけど、シナリオと予算の都合上でモブキャラがほとんど。
藤田真琴(CV:新谷良子)は比較的喋りが多かった。
その他のゲストキャラは長澤玲(CV:かかずゆみ)、ピッコロの二人浅見ひびき(CV:小林晃子)と大路しずく(CV:釘宮理恵)、有栖川唯(CV:野川さくら)

最終回を前にしてタメを作らないといけない、結構大事な回だと思うのだが少し不十分。
1話あれば出来る話しを、前回から2話に渡って構成したから散漫になってしまった。
ここまでくると最終回は予定調和の大団円だから、気合い入れる必要もないがちょっと残念な内容だった。今回のサブタイがマクロスみたいだ。

TVアニメ「らぶドル」オリジナルサウンドトラック
らぶドル 関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。