アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠されていた雄真の魔力発動。巻添えで義妹のすもも昏倒。
サブタイ通り、一気に過去のネタバラシをしてきた。明確に伏線を張っていない事柄も多いので、いきなり!と言う印象もある。シリーズ前半がまったりし過ぎた感じでもある。

鈴莉ちゃん(御薙先生)と音羽かーさんの関係は、イマイチはっきり語っていない。
ただ、雄真は鈴莉ちゃんの子であること。その強い魔力のために幼いころ公園で春姫を助けた事件の影響で音羽さんに預けられたことは明かされ、雄真が魔法嫌いのトラウマが説明される。

一方のネタバラシは、上条家と秘宝を廻る式守家の関係。
式守の秘宝を無断で使い、亡くなった母を召喚しようとして失敗。封印されていた鬼を復活させてしまった上条兄妹の父。
時代は今のヒロインたちが幼いころ。
小雪先輩の母ゆずは、雄真の実母鈴莉、伊吹の姉の那津音が再封印を試みるが、手強い相手。
式守家当主としての責から那津音が体を張り封印。巫女風の衣装を脱がされ触手に身をいたぶられる様子、触手ファンにお奨めしておく。

ハチが準にゃんに語る知り合ったばかり雄真が転校して来たころ、時系列だと音羽さんの家に来たころだろう。あのころと同じように今はそっとしといてやれと、ハチがちょっと格好良かったぞ。
身ぐるみ脱ぎ捨て雄真と風呂に入ろうとして、ハチに引きずられる準にゃんが可愛かったのは言うまでもない。

今回のグロス制作はTNK(ティー・エヌ・ケー)
まあまあ、悪くない出来。らぶドルと掛け持ちの余裕なんかあるのか?
あっちもグロスに出せばいいのか・・・
TNK次回制作は「京四郎と永遠の空」だが、同じ原作者の「神無月の巫女」「円盤皇女ワるきゅーレ」も制作しているから相性がいいんだろう。
はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.IV
はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.V
by AffiliSearch

はぴねす!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。