アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の護の妹、逸美のブラコン話も「お兄ちゃん・・・」で誤魔化された感じだが、2クールあるから後に蒸し返しそうなネタではある。しかしブラコン妹を黒化しても、このシリーズの構成からは浮きそうなので大きく弄ることは無いのかも知れない。
あくまでも護と絢子のイチャイチャをメインに生徒会メンバーの絢子弄りを絡ませながら、後半はプロイセンの魔王ヨハンとの再戦を描くのだろう。

そのヨハンの先兵であり義妹、エメレンツィアが本格参入。
銀髪・クール・ロリッ娘&ドジッ娘、そして絢子のメガデレに対抗するかプチツンデレと強力な属性持ち。
冒頭の子分と別れてドイツに帰ると思わせるのは明らかな釣りだが、何の前触れもなく「日本の文化を教えてください」に生徒会メンバーがそれなら「日本の立派な女子校生にする会」を結成するノリは軽い。
エメレンツィアはボーダー柄パンツ着用の設定。いつも色違いのボーダー。
妄想シーンで「コンダラ」と書かれたローラーを引くエメレンツィアのネタは通じるのかなあ。「思い込んだら=重いコンダラ」は現代常識?
ブレザー制服の変身魔法少女風シーンは見慣れた定番。

執事喫茶、カラオケ、プリクラ、渋谷109もどきと女子高生の定番らしきスポットを描くが、キャラソンも挿入して、しっかり販促。
エメレンツィア「乙女心はザッハトルテ」
鷹栖絢子「海ほたるの夜」
曲はどちらもエレメンツガーデン(エメ:菊田、絢子:上松)

実はエメレンツィアは留学生として転入してくる。
エメレンツィアは護の笑顔に頬を染め、絢子に対抗して護の争奪戦に発展するのか?
生徒会女子はあくまでサブキャラとして描かれ、護とフラグが立つ気配がないのが安心と言えば安心。
しかし、こんな話で1話作れるとは大したもの(いちおう誉めてます)
護くんに女神の祝福を!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。