アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演出などで色々と言いたいことはあるが、作画が多少回復していた。悪い事には変わりは無い。
そして今ごろ気付いたがフィーナの苗字アーシュライト、スペルはEarthlightなんだろう。
月光に対する「地球の光」遠く離れても、お互い鏡のような似た関係。

今回だけ切り取って見れば、許婚の陰謀と国王の苦悩、身を呈して単身月に戻る王女様と影に応援する側近、地球に残された主人公の決意と見守る家族たち。
ここまで書いて、なんだか素晴らしいSF冒険純愛物語のような気がして来た(笑)
しかしこれを描ききれない脚本、ぶち壊す演出、興ざめする絵のレベルで、アニメになったことがかえって悲しくなると言うもの。
さらにシリーズ構成から考えると、終盤になっての唐突感に溢れている。

絵コンテ、演出の問題としてはフィーナとセフィリアを描き分けられていない事。
カメラマン高野の撮影した亡きセフィリアの入浴シーンを見る国王ってのも哀れな感じだが、娘のフィーナの入浴シーンを盗撮しているのかと思える。
描き分けられないのか、意図的にミスリードさせようと言うのか真意はわからない。
大体、セフィリアのCVだってフィーナと同じでケチったとしか思えない。

元は平民だったという国王のセフィリアの回想が長く、もう少し伏線を張っておいて簡潔にまとめて欲しかったところ。今さら達哉の父の若い頃なんて登場させて、これから伏線張るのか?どのように回収するのだろう。それとも名も知らぬ恋のキューピットでした、で終わらせるつもりだろうか。

達哉もフィーナに置いていかれたとウジウジしてるが、カレンが月から迎えにきて俄然元気に。
確かにカップルとしては片翼では不完全だが、これまでの9話で家族の暖かい応援と周囲の見守りにより、二人の愛が育まれる部分が足りないので、急にどうしたんだ達哉?と違和感で一杯。
しかも「一緒に帰ってきたら婚約パーティーだ!」などと呑気なことを。
アニメオリジナリティーを意識する余りに、オーガストの原作が持つ通称「ワールド」のシナリオ構成を破壊してしまったのが余りにも痛い。

PS2版は今日(12/7)発売
オーガスト冬コミの販売物情報更新(リンク先には年齢制限なし)
http://august-soft.com/event/index.htm
冬コミセットは携帯ストラップ大丈夫かな?夏は不良品交換事件があった。
麻衣の抱き枕は悩みどころ・・・会場で触ってから考えよう。
瑞穂ちゃん再販もあるしなあ。絵柄は断然麻衣なんだが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。