アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
登場キャラ多く、サブタイの賑やかさから一転、ちょこ消失。

ちょこがはるまの忘れ物を大学に届け、その場の成り行きからサークルの出し物メイド喫茶にスカウトされる。
公園でメイドになることを駆とゆりぴょんに話すちょこだが、ゆりぴょんの「その日はヒマだから、別に行ってあげてもいいわよ」とは、まさにツンデレお嬢様。

そのメイド喫茶では、真琴の暴力メイド、管理人さんもドジッ娘ミルク顔射メイド、そしてゆりぴょんの所の本物のメイドさんと賑やか。
そんなところへ、はるまの従姉が学祭に訪れる。
ちょこと鉢合わせのはるま、従姉に「妹なんかいるわけない」とその場しのぎの嘘。
ちょこ、涙ぐみながら歩き、体は消失。
その場面を目撃したのはゆりぴょんとは因果な。

ちょこの出現も存在も、はるまの思念で成り立っていた。
過去に妹が出来たものの流産、そして幼いはるまが神に願った妹の存在。
その願いの思念体がちょこだったということか。
その存在をはるまが否定したことにより、ちょこの消失は必然。

終盤にふさわしく、ほとんどのキャラ総出。
前回「忘れてはいけない」との安岡さんの言葉が次回生きてきそう。
この想いが通じることで、ちょこは救われる結末に向かうのではないだろうか。

作画酷いなあ。前回のスタジオバルセロナのグロスのほうが良かった。
今回はクレジット見る限りグロス制作なしで、ノーマッドの制作だと思うがキャラにシャープさがない。
ちょこッとSister 関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。