アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前週に引き続きイベント前のイベント。
変な表現だが3期生たちがライブイベントを行う前にクリアすべき、シナリオ上のイベント。クリアすると智弘マネージャーとフラグが立つらしい(嫌~!)
演技が上手く出来ない海羽に智弘がかまうと、他のメンバーがチェック入れるのは3期生ハーレムの前触れか。

ステージレベルに達しない5人が演出家にしごかれ、今まで自身満々の海羽が珍しく自信をなくす。
演技が下手のキャラ設定で、中の人後藤邑子は下手な棒読みセリフの演技。
こういう役、多いなあ。でも演技下手キャラを下手に演技する事はひとつの才能。
少しは認識が変わってきたが、世間ではぽんこつ声優のイメージを引きずっている。

前売りチケットも売れずに社長からもプレッシャーがかかる中、比奈は姉であるアイドルのショコラのライブ会場へ。
会場前で自分たちのイベントチラシを配布。
他のメンバーも駆けつけて、ライブがハネた後に会場前で小芝居とチラシ配り。
これで実力はともかく、5人の結束は強まった形。

チラシ配りなど、売り出し前や売れないアイドルでは実際に良くあることで、会場から出てきたオタク風キャラの反応も違和感ない演出になっている。
この辺はあご先生、ポイントを外さない。

一方母親からの電話を受けて、新宿高速バスターミナルから深夜バスに乗車した瑞樹が降りたのは海辺の街。
自分を捨てた母が教えてくれたのは唄うこと、唄いつづける事が母への復讐。
今さら名乗り出てもと渋る瑞樹を、智弘と他のメンバーたちが送り出したのだが・・・次回へ。
そして最終回はイベント当日の模様で締めくくるようだ。

作画はキャラのアップでたまに良いところもあるのだが、引きは悪い。承知の上でか崩しキャラ多用して逃げる場面多い。グロス受けは doop.co どこだろう?知識が無い。(12/7訂正)drop.co が正しい。「夜明け前より瑠璃色な」第10話でも動画などやっていた、有限会社ドロップの担当。東久留米と吉祥寺にスタジオがある。
らぶドル 関連アイテム
candy(bitter&sweet)
純情娘(じゅんじょうっこ)はラルラルン(音符記号)
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。