アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不条理さを漂わせつつも、シナリオとしては定番のパターン。ワンパターンかもしれない。
オマージュというかパロディ、いや、借景程度にエヴァとかガンダムネタは取り入れている。
30分のシナリオを何とか展開できるのも、存在自体が不条理なサカエ教官に支えられた点が大きいだろう。今回の主人公は彼。

全体のトーンはスポ根ものだから、エンジェル隊の水着姿もこれが限界か。
チキン野郎、我が息子たちと呼ばれて反論しないエンジェル隊。
今回はエンジェル隊キャラの魅力を引き出せず、いやあえてフォーカスをはずしたと解釈しておく。

男祭りの御神木はでじこ。
前回のブロッコリー神社に続き、祀り崇められている。
ラストを汗と涙の感動風シーンで締めくくり、汚れた御神木の存在を無視したのは意図あってのことか。
「この話はフィクションですが、ノンフィクションの部分もあります」これはダメ押し?
視聴者の想像にお任せいただくことになるのだろう。

脚本:大和屋暁
絵コンテ・演出:柳瀬雄之
ギャラクシーエンジェる~ん関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。