アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも自分の後をついてきた瑞穂が独り立ちして来た様子に、まりやの複雑な感情を描く回だが、お当番回と言うわけでもなくて、ライバルである貴子との鞘当てに膨らませたシナリオ。
前回からの流れを引き継いで学院祭の準備に追われる様子を背景に、奏や紫苑を絡ませるがバランス的に由佳里が不遇な感じ。
貴子のデレも加速してきて、本来対極にいると思える紫苑の影が薄い気がする。

大体は女性の成長が早いから、男の子が後を追いかけて抜いてゆくのだが、瑞穂の幼なじみで男だと知っているまりやにしてみると、面白くないところがあるのかもしれない。
男のフィールドでならまだしも、自分と同じ女の園でトップになってしまう。
瑞穂を男として意識する目と、女としてみる目がまりやには同居している。
しかも学院祭の演目はロミオとジュリエット(圭の大幅改変台本)ヒーローは瑞穂、ヒロインは貴子。
まりやは学院祭のプラネタリウム準備で忙しいものの、心穏やかではない。

プラネタリウムの台本があったが、ナレーションを瑞穂に頼むつもりが貴子に先を越された、というよりは瑞穂が引き受けるはずがないと思い込んでいたのだろう。
瑞穂が貴子の依頼を受けたことがまりやのショックでもある。

瑞穂の本当の姿を知りたいと貴子がまりやに。
貴子は瑞穂に恋してる?
それに対してまりやは本当の自分の気持ちに気づくことが出来るのだろうか。
シナリオの先が読めなくなってきた。単純な貴子ルートって事でもないだろうが、この先もひと波乱あるのだろうか。
最近パンツが少ない気がするんですけど(独白)

おとボク関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。