アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイの学園祭は背景程度で、ストーリーは本線に戻って式守と神坂の秘密(伊吹の思い込みが多いようだが)雄真の秘密のバラシに向けて収束してきた感がある。

杏璃のメイド姿はOasisで見慣れているから不利なのは止むを得ないが、準にゃんのネコミミメイド姿が似合いすぎるのは反則!
しかも自然に女子更衣室に出入りしているし・・・
音羽かーさんもメイド姿で応援してくれると良かったのだが。

廊下ですれ違った御薙先生、式守の秘宝を封印した森の番人が御薙先生だって事は匂わせている。
雄真に視線を送るが、これはこの先の伏線。
鈴莉ちゃんと音羽かーさんとの絡みは見られるのだろうか。
伊吹が「カルティエのマスターがいないチャンス」と言っていたが、これは御薙先生の事を知っているってことだろう。
それにしては春姫の事を誤解して攻撃しているように見える。

寮の屋上で春姫を魔法詠唱で催眠にかけて森の封印を解かせようとするが、杏璃が駆けつけ失敗。
学園祭の雄真を人質にとるが、魔法を争いの道具につかうことに、閉ざされていた雄真の魔力が開放?
巻き添えですももが意識不明。
次回は色々と過去の秘密が明かされて、その先は伊吹の納得と大団円に向かうのだろう。

このシリーズはアートランドは売上のため名義だけの制作で(事実と相違があればご指摘を)実際はサンシャイン・コーポレーション制作、今回はWONOOのグロス制作だろうが、もう少しでアウトの作画レベル、特に引きが悪い。
アップでも魔力開放した雄真の放心した表情はお笑いだが。
コンテ・演出的には、タマちゃんたちが春姫を小雪先輩のところへ大玉送りするところは良かった。

はぴねす!関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。