アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来た!ついに来た!伝説のSHUFFLE!「空鍋」に続き、今回は霧乃の「一人糸電話」
相手のいない糸電話に「もしもし・・・」
その横には開けずに捨てられた、春彦から霧乃へのお土産の八ツ橋。
「私にくれるのは、ただのお土産だけなの?」
春彦からの答えは「俺が好きなのは莉子なんだ」
京都の縁結びの神様は春彦と莉子を結びつけ、霧乃の願いは届かなかった。

春彦のモノローグ曰く「まさかこんな事になるとは」
ラブラブで腕を組んで帰ってきた春彦と莉子だが、霧乃のお土産の件は楽観的に考えているフシがあった。莉子は気に病むせいか心配そうではあるが、春彦はもう少し軽く考えている。

ずっと一緒にいたのは私、莉子に居場所を奪われた、春彦のそばにいたい。
霧乃の願いはささやかではあるが、幼いころからの一途な想い。
霧乃にしてみれば、莉子は一度家を出て戻ってきた身。春彦の「妹」でいる資格は自分こそが持っているとの想いにとらわれている。

莉子の留守に春彦を訪ねて、莉子のことは認めるが自分とも仲良くやって欲しいと。
そこに春彦の楽観的な思いからの軽口で「午前中は以前莉子が贈ってくれたギフトの虹を見に行っていた」
そこに莉子帰宅。玄関先での修羅場は、もうこの系統では定番。
幼いころの約束を破った莉子を霧乃は「ずるいよ!莉子ちゃん」(誤変換で利己と出るが、霧乃に言わせるとそれで合っているかも)
「私はまだ諦めてないもん」「私にはまだギフトがあるから」
やっぱり使わずに持っていたのか。

妙に明るい霧乃の声で次回予告、それとは裏腹に絵のほうは虹が黒く染まってゆく。もうサイコホラーアニメ一歩手前かも。
霧乃、ギフトを使って歪んでしまった未来を過去に変えて望みを叶えると言うのか?

アニメ魂枠だし原作ゲームがアレだっらから期待していなかったアニメ化だが、素材の消化が上手だと俄然面白くなってくる。
ここまで仕上げるとはねえ。OLM TEAM IWASA 岩佐さんも良くやったが、キャラデ作監の田中基樹氏の活躍が大きいだろう。
今回は細かな演出も良く、莉子のしぐさ、指モジモジや足ぶらぶらなど可愛らしさを引き出す工夫は忘れていない。これだけでも印象が随分変わるから、アニメは面白い。

脚本:鈴木雅詞
絵コンテ:金澤勝眞、成人向けアニメを多く手がけている。
演出:清水一伸
Studio Kelmadickのグロス回。安定した出来。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。