アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真琴シナリオは佳境。
祐一と再会するため、そして今度は祐一とずっと一緒にいられる事を願って、記憶と命を代償に人の姿でありつづける真琴。その正体は物見の丘に住む妖狐。
その奇跡の力も失われつつある中で、幼い記憶を取り戻した祐一は子狐を置き去りにした贖罪をするが如く真琴に接する。
真琴のストーリーであると同時に、祐一の過去と今を抉る物語でもある。

平坦なシナリオと演出。
美汐がかつて経験した事を祐一に語るカットを挿入しながら、真琴が人としての力を失って行く様子を淡々と描いて行く。悪く言うと説明的ではあるが、伏線の回収とクライマックスへ向けてタメを作るのにはこんな回も必要。
真琴のキャラデも徐々に幼く、飯塚雅弓のCVも幼児的に変化して行く。「あうーっ!」も回数が減ってきた。

「ホントはお前が俺と寝たいんじゃないか?」とエロゲ的(いや、それは確かに原作はそうだが)セリフを吐く祐一だが、嫌らしさは感じない。
真琴の行動が幼くなるに連れ、仲の良い年の近い兄妹のようだ。
もっとも真琴は恋人である事、結婚を望んでいる。祐一が真琴に対してどうありたいのか、それはまだ語られていない。
真琴のセリフ、アバンの「春が来て、ずっと春だったらいいのに」はエンドの「結婚したい、結婚、祐一と。そしたら、ずっと一緒にいられる」と対になる。

真琴に「思い出すな!」とは今を失いたくない祐一の気持ちの表れだが、美汐から「見守る事しか出来ない」と忠告。
そして、発熱の一度目は真琴の強い想いで持ち直したが、二度目はもうお終いだと。
その美汐は同じ様な悲しい過去を持ち今も引きずる。

学校を休み真琴に付き添う祐一。「あの子にはあなたが必要になる」舞の予言が現実に。
つかの間の、そして最後の穏やかな日々。
シナリオに絡まないあゆ、栞、舞は出番が無い。でも水瀬家が舞台である以上名雪は出てくるが、立場的には空気化。部屋の前から立ち去る名雪の表情は物悲しい。

サブタイからして次回は真琴シナリオの最後。悲しみと希望が、この身をかき回す事になるのだろうか。
個人的にはアニメの真琴のシナリオの真価は、ピリオド打ってから余韻をシリーズ中に現すことが出来るか否かだと思う。
真琴が祐一や他のヒロインたちとの記憶をしっかり留めて還ることが出来るように、次回シナリオに期待したい。
Kanon 特典オリジナルDVD付き 2007/2/1発売予定
その他の Kanon グッズ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。