アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作画レベルについては語るべき言葉が見つからない。後で少しだけ述べる。
アバンからAパートにかけて、お互いの気持ちを確かめ合ったフィーナと達哉のイチャイチャ。
プレ新婚生活のような二人に麻衣の妄想シーン(ゲームオリジナルでは、こんな妄想娘ではない)も良いのだが、ミアの出番がないなあ。
ずっとそばでフィーナを見つづけてきたミアにとっての感慨を描いても良いと思うが、モブキャラ同然に出番がない。
声優の演技も悪くないが、作画の悪さに引きずられて同情すべき点が多い。

何度でも書くが、アニメオリジナルキャラに語らせる尺はあるのに、サブヒロインを使ってメインを引き立てさせる考えは無いようだ。
PS2版オリジナルのエステルを先行投入するアイディアも無かったのか?
もっともオーガストにとっては、アニメに出さない方が未知の新キャラエステルが汚されず、良かったかもしれない。

監督の目指すライバル・嫌なキャラとしてユルゲンが本格的に登場。国王にフィーナと達哉の事を報告に戻ったカレンを手先に拘束させるとは手際が良い。
それに比べて公園でのフィーナと達哉の描写はキャラソンなんか入れてのんびり。間を持て余して長く感じる。
無理に動画にしなくても、止め絵をしっかり描いてパンとエフェクトで逃げた方が確実だと思う。ZEXCS・feel.は比較的この手法を多用するが、ゲーム原作だと違和感は無い。

Bパートはリース/フィアッカがフィーナと達哉の関係に本格介入する様を中心に描くが、フィーナの介入理由や心情変化の描写があまりにも説明的過ぎて、幼時向けアニメを見ている気分。
前回までに監視と言う目的で顔出しだけは頻繁だったが、フィーナの存在の背景に何も伏線が張られていなかったので、一気に説明せざるを得ない始末になった。
リースとフィーナの観念論だけで言い争わせても退屈だし、フィーナとフィアッカの葛藤も描き足りない。第一フィアッカって、まほろさんの輝ける闇もどきを使ったりするような超能力者まがいではなかったと思う。

このパートでも階段で転び下に倒れたフィーナと達哉が、次のカットでは階段の上部に立っていたりと擁護の余地が無い。フィアッカに変身した衣装は、フェイトの戦闘服を出来が悪くしたようなデザインだが、こんなだったかなあ?
シナリオ的にはこれらの障害に打ち勝ってメデタシメデタシで締めたいのだろうが、リースはともかくユルゲンまで改心して良い人になったら気持ち悪い。

以下余談
PCゲームのアニメ化は当たり外れが大きいと良く言う。
表現方法が違うのだから当然で、シナリオと静止画で勝負する(音楽もキャラヴォイスがなくても)
ゲームをアニメ化する際に「アニメでしか出来ない手法」を使おうと張り切る監督は失敗すると思う。
乏しい予算の中でキャラを動かすのは動画や音響ではなく、やはりシナリオだと思う。
原作シナリオに無い「行間」を含んで、動画向きに微調整し補足もする脚本と、その脚本が未だ語っていない「行間」を読み取り描く絵コンテの息が合わないと、静止画にも劣るアニメ作品になりかねない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。