アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瑞樹のソロデビュー騒動の続き。3期生のイベント話になってきてからは進行が緩やかになってきた。全12か13話だろうから、最終回にイベント成功の話をもってくるのだろう。

ソロデビューを勧めるマネの説得に「事務所を辞める、でも歌だけは最後までやらせて」と瑞樹。
瑞樹が抜けてはイベントから先の展望がない残りのメンバー。
実力が瑞樹に及ばない事は承知しつつも「瑞樹は虫が良すぎる」と食事やレッスンをボイコット。
この辺の演出は、まあありがちだが悪くはない。

しかし、最後にメンバー全体の歌の出来が揃ったところで「辞めるのやめた」は虫が良くないか?瑞樹。この辺りのあっけらかんとした演出と構成にはひと工夫欲しいところ。
メンバーの必死の引き止め、マネの説得、姉マネの予想外の高評価、日渡あやの激励など瑞樹の心情変化に使えるネタは沢山あるのだが、結末を急いだ感がある。
その反面、瑞樹の変化や他のメンバーの心境の演出に効果がないのが、智弘がイベントの演出を依頼したという設定の演出家。今回は賑やかしキャラに過ぎない。

それでもシナリオは瑞樹の「復讐のため」の歌が「皆で歌えるため」の歌に変化した事、独善的な所も多い他のメンバーの自分自身への気付き、智弘の自信と姉の見守りと成長物語に欠かせない要素はきちんと折り込んでいる。

でも今回のメインは日渡あやでしょう。
終盤でに3期生の歌にOKを出す出番だけだったが、智弘に社長に頼まれたんだろうと言われ「ひどいっ!智弘さ・・じゃなくてマネージャー。私だって後輩のこと心配してる。それに・・・」
川澄綾子の声で西又キャラに潤んだ瞳で見つめられると、困っちゃうなあ(^^ゞ それに・・・って何ですか?
お礼って、キスか!キスなのか!?
あや、瞳とじて・・・智弘も当然のように近づくな!そうか!そういう関係なのか!ハーレム禁止!いかん、血流が逆行している。
ちょうど智弘にかかって来た電話のおかげで毒牙からは逃れられた。
しかし瑞樹の母がなぜマネージャーのケータイに?演出の疑問を残しつつ次回はプチ波乱の予感。
キーポン!キーポン!
candy(bitter&sweet)
by AffiliSearch

その他の らぶドル アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。