アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものギャグと言うか、ドタバタに戻った今回。
アニスとナノナノのコンビは動かしやすいようで、アニスが「わらしべ長者」=アニス流に言うと「セレブ」=ナノナノ流に言うと「サブレ」になり、二人して豪華旅行に出かける。
残されたリコ、カルーア、リリィも後を追うが、イザベラ司令官荒れる!
司令官役の松岡由貴、このシーンだけのための熱演。

アニスのわらしべ物語、わらしべからミモレット風ラジオ、泥棒捕まえてサブレ、そのクーヘン特製サブレをナツメに譲って多額の現金を手に入れる。
正直言ってAパートのこの辺りは退屈。説明的過ぎるような。圧縮しても良いかも。
この尺は、Bパートの豪華旅行のシーンに譲っても良かったのでは無いだろうか。
それだとネタが無くて尺余りになるだろうか?リコたちのボロ旅館のシーンなどを膨らませても良いと思う。

怪しからんのは温泉旅行の話でありながら、入浴シーンが無いのは如何に?
「お前がいつも見てるパンツアニメなんかと一緒にするな!」とのご指摘はごもっともであるが、リコたちの大鍋スープ入浴で我慢せよとは無慈悲な仕打ち。

まあ、描きたくても描けない事情はうっすらと伝わって来る。
それなりのエロ表現の限界に、制作が挑戦する姿勢は感じられる。
久々に変身したテキーラ様をフンドシ漁師に絡ませたりイカ臭いと言わせたり、事務所的な限界を追及してくれています。
エステされる恍惚の表情と足先の悶え表現には文学的な香りが感じられたと言っておこう(少々大げさだが)

アニスのセレブなり損ねとリコたちの伝説のスープが結びついて、パーティー混乱&ホテル破壊。最後にはアニスの借金が増えるオチでまとまった。珍しくオチがあった。
「ブロッコリー神社」の拝殿の光る鈴はでじこの鈴。
「にょっ!」だけに真田アサミを呼んだ贅沢さは誉めておく。

脚本は柿原優子、今シリーズ2回目。
絵コンテは柳瀬雄之、鍋将軍と居酒屋に続き担当。
演出:麦野アイス

最後にアニスに「神様のバカヤロー!」と叫ばせたのは、制作の魂の叫びが滲み出ているようで微苦笑。「ブロッコリー神社」の神様は「うちらのせいではないにょっ!」って言ってるけどね。

ギャラクシーエンジェる~ん関連グッズ
「ブロッコリー神社」に祀られた某キャラの鈴。
これをありがたがってすがり続けているのは製作の某社だ、と言う解釈をある方からいただいた。面白いので紹介しておく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。