アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸上部員でまりやのお世話係である由佳里のお当番回。
代表選考会を前にタイムが伸びないことに悩む由佳里を、演劇部の次回作ヒロインに抜擢された奏を上手く対比させて描いている。
前回お当番は済んだ奏だが、必要以上に可愛く描くことで今回の由佳里の苦悩を引き立てる効果を出している。

由佳里の義姉が学院の卒業生で陸上部員。
その姿に憧れて外部の一般家庭から入学してきたが、自信を失くし揺れる由佳里。
義姉・奏・お姉さま方と自分を常に比較し、自分の本当の気持ちがどこにあるのか見失っている。

そんな由佳里に関わるキャラたちの性格をきちんと踏まえながら、由佳里に大切なことを気づかせていくハートフルなシナリオ。青春ものにありがちだが厭味が無い。
由佳里の悩みはわかりつつも檄を飛ばす、まりやの心情。
「上手く出来ないことって、やめる理由にならない」と一子。
幻影を追いかけつづけてここまで来たが、何が自分に一番に合うのか、自分で自分の道を選ぶ時期が来たことを、自らの髪の思い出でを引き合いにして諭す瑞穂。
原作ゲームだと、この後に由佳里は攻略されたのかなと思える展開。

寮の結界からでて由佳里に告げようと体当たりをする一子。
シナリオの流れを切るかのような、このシーンの挿入タイミングに戸惑った。
もう少し前倒しで入れるか、入れずとも一子の気持ちは伝わっているから十分ではなかろうか。
少し黒いシナリオに改変し、一子に空鍋持たせ暗い目で玄関で待たせても面白いけど。

脚本は鈴木雅詞、SHUFFLE!のシリーズ構成、今はGiftのシリーズ構成と脚本を書いている。
絵コンテ:殿勝秀樹
演出:福田貴之

キャラメルBOXの冬コミ商品リストがリリースされています。
新作・貴子抱き枕は通販予約開始。瑞穂抱き枕は会場のみ再販。
持って帰るのには大きいなあ。
おとボク関連グッズへ
18歳未満は閲覧できません!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。