アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏!海!お約束の水着となると作画は低調なのが世の常。
高望みはしないから、アートランドと言うかサンシャインコーポレーションなどには崩壊しない程度で仕上げてくれれば良い。引き絵は良くないね。

ちょっ!お義母さん、音羽さん、ほのかな胸の輪郭が・・・スク水は似合いすぎ。すももちゃんよりも可愛いのは世間が許しません!私は許すけど。
前回に引き続き、影の主役は音羽さんで決まりか。
準にゃんがパレオつけなくてはならないのが悔やまれる。スク水でもビキニでも一向に構わないのだが。
雄真に「優しくしてあげて」と春姫と仲良くなるように頼むが、準にゃん損な役割だねえ・・・

雄真に日焼け止め塗られてる春姫の快感の表情が良い。
シナリオはユルイけど、キャラの個性を引き出した演出がまあまあなので、退屈に感じない。

色々探っていた伊吹が、春姫は親の敵?とでも信じたようだ。
「あの女の娘」と。

春姫は雄真との仲が急接近。
雄真、やっぱりお前も胸っ、胸なのか!

魔法使いが自分(雄真)以外に安易に魔法を使うのは嫌、自分を助けるのに使うのは良い使い方。
雄真の心情変化・デレ化が急なものだから「魔法嫌い」は「間違った魔法の使い方が嫌い」との弁明が、ご都合主義に聞こえる。
春姫は「魔法で人を幸せにしたい」と言っているから、基本的な魔法の認識が違うと、この先またこじれそうな気がするがどうだろう?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。