アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回から原作に沿ってきているので、シナリオは酷いということは無い。
カメラマン高野との山ごもり稽古とか、大統領とフィーナのやり取りなどは、アニメオリジナルの演出。
微妙に不要で、シナリオのオリジナル性を主張したい人のためのもの。

さやかの「だって家族でしょ」に代表されるように、さやかと麻衣の擬似でありながら強い信頼と絆。
トラットリア左門で達哉に穴を埋める、菜月・麻衣・ミアの活躍。
そして絶妙のスパイスともいえるツッコミ役の仁、温かく見守る親父さん。
学校でフィーナを気遣う菜月と翠。
これらをきちんと描くことで、尺稼ぎ的なオリジナルキャラの役割は不要となる。

今回は比較的シナリオがきちんとしてるから、ドラマCDだと思って絵は気にしないほうが精神衛生上良い。
原画にアークトゥールスがいたが、ご存知セブン・アークスの母体のプロダクション。

脚本はあおしまたかし。
絵コンテ:詩村宏明
演出:亜乱炭椎 これはアラン・スミシーか。逃げた奴は誰だ!

「夜明け前より瑠璃色な」関連グッズ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。