アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2クールに入ってから、キャラ同士の機微を描くシナリオの丁寧さが現れている。
これが第1クールでも見られたら、綾乃さんにももう少し良い印象をもてたと思うし、管理人さんも違うポジションで活躍できたかもしれない。
結果的に、ゆりぴょんが第2クールのメインヒロイン対抗役を一人で背負うことになってしまった。
これはこれで良いのだけれども、サブヒロインを上手に使わないともったいない。

密輸業者のトラックから逃げ出した黒豹、ちょこに言わせると「にゃんこ」
空き倉庫でこっそりと黒豹を飼う事になったちょこと、それを取巻く人たちの物語。

豹の餌を毎日貢ぐ駆も、学食のランチに釣られるはるまも、男ってやつは代わり映えがしない生き物。
幼くして駆を手玉に取るちょこは、なかなかの素質の持ち主と見た。
珠美にランチで釣られたはるまは「ねこにゃんダンス」CDの売り子さん。
珠美の「買ってにゃん!」は良かったけど「買ってにょろ!」でもOKだが。

Bパートのアイキャッチ、肉まん「もふもふ」
これはちょこではなく、ゆりぴょんでお願いしたいところ。

結局のところ黒豹は夜中にチョコに会いに来たあと、車に撥ねられて死んでしまうわけだが、子供同士の秘密、秘密の隠れ家、秘密の共有、ペットを失う喪失感と共に、ゆりぴょんの駆へのほのかな気持ち、駆のちょこへの想いを描いている。
傷心のちょこ、寝付けなくて「お兄ちゃん、そっち行っていい?」
この喪失感はちょこに、はるまにどのように影響を及ぼすのだろうか。

ちょこッとSister関連アイテム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。