アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽ギフトを配りまくる魔女っ娘、千紗の心情変化に深みが足りない「なんだかなあー」と言いたい脚本と演出。
千紗の「(偽Giftの力で)幸せって簡単にもらえるもの」と春彦の「Giftってのはもっと大切なものなんだ」と対立するのだが・・・

母から能力をもらい、言われたとおりに育ってきた千紗。
霧乃に渡した偽ギフトの力を解除して欲しいと春彦。
霧乃だけ解除できず、今までの全員、幸せになった人も元に戻ってしまうと千紗。
俺にも偽ギフトをくれ!その力で本物のGiftの力、虹と母の思いも消す事で、莉子に見る母の幻影を消すと春彦。
商店街で出会ったゆかりんが「大切なのは過去でなく未来」と春彦に語る。

細かな構成なのだが、いまひとつ回りくどさを感じる。
引っ張った割には、過去より未来と納得したかの千紗が能力を母に返しておしまい。
せっかく霧乃の暗黒化が進んでいたのに、千沙の偽ギフト話を挿入したことで水を差された感じだ。
もちろん構成上は偽ギフト発動に、霧乃の歪んだ思いが関係していることはわかるのだが、無駄に終ったような気がする。

次回は修学旅行のお話。
下級生の霧乃が莉子を前にして「春彦くんから私に」と恋愛成就の神社のお守りをお土産にリクエスト。
なんだか怖いんですけど・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。