アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シナリオがマトモになってきたと思ったら、アニメオリジナル展開が少なく原作に沿ってきただけ。
それでもオリキャラは不要なのは変わらない。
カメラマン高野は、今回ほぼ出番なし。ギャグは日常描写の中で、仁と菜月&麻衣とミアに任せておけばOK。
達哉へのアドバイスも、仁の不真面目そうな中に隠れた暖かな言葉に込めて表現するのが好ましい。高野にはギャグ要員、達哉へのアドバイザーの両方とも合わない。

もう一方のオリキャラ地球大統領はフィーナの母との思い出を語りつつ、月の国王との微妙な友好関係を表わすのだが、これもさやかとカレンの仕事ではないかな。尺稼ぐのには良いけど、やはり大統領は不要。

頭の痛い事に、またまたオリキャラ、フィーナの許婚が登場。
有力な反地球陣営の一家だそうだが、国王からはある程度信頼されている模様。
達哉にライバル登場で、シナリオをドライブさせようとの魂胆だろうが、ちょっと違う。
アニメ化でアレンジする際に「あえて嫌な奴」を登場させたと監督が語っていたが、「嫌な奴がいない」原作の世界に投入するにはシナリオ改編の度合いが中途半端。
サブヒロインたちのキャラは原作と同じでも、全く性格から態度まで変えて達也に当たるくらいでないと「嫌な奴」も生きない。
その場合はライバルとの争いやヒロインたちとの関係での悩みを中心に、達哉の成長物語に仕立て上げるしかないだろうが「友情・努力・勝利」シナリオは気持ち悪い。

個人的な解釈だが、原作は達哉の成長物語ではないと思う。
幼い頃にひょんなきっかけで出会った二人の「気付き」の物語で、シナリオはそれを確認して行く事で展開して行くのだと思う。
無理に成長物語を挿入したシリーズ構成からは、居心地の悪さしか伝わらない。

大使館で公務するフィーナのか弱い虚勢、公私の狭間で揺れる達哉の気持ち、菜月からの窓越しのアドバイス、達哉を送り出すさやか、出迎えるカレン、これだけの出来事だけでも話を膨らませればBパートくらいは作れると思うのだが、視聴者にそんな需要は無いと判断したのかなあ。
オリキャラとSDキャラ、ギャグにシナリオ・演出が逃げる姿勢は嫌いだ。

作画は変。
キャラの表情の崩れ、変な頭身比率、平板な塗りを過剰なライティングとシェードで補う。
カットにより全然別な2工程の原画をつないだ感じ。達哉が何人もいた。
もう潔く全部デフォルメキャラで通せばどうだろう。
「はぴねす!」のグラデも違和感あったが、この作品のキャラ表情のライティングは気持ちが悪い。

絵コンテにアミノテツロ、何故に別名義。アミノテツローを名乗るには一本足りないと言う事か。
作監の一人、森本由布希は「はぴねす!」3話でも手がけていたが、直しばかりやっているのだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。