アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引っ張りつづけた「ねこにゃんダンス」ネタを売れっ子アイドルの悩みで締め、そのアイドル「オダエリ」と真琴の秘密を絡ませた王道的シナリオ。
今回のヒロインは、表がオダエリで裏は真琴。
能天気にCD販促で締めくくると思っていたが、ひと工夫で含蓄ある話しに仕立てた佳作。
シリーズ中盤過ぎてからゆりぴょん、今回の真琴の活躍とシナリオと演出が良くなってきた。
真琴はもっと使ってあげないと。

近所の幼稚園での「ねこにゃんダンス」ロケから失踪したオダエリが、公園で遊ぶちょことゆりぴょんの前に出現。
オダエリの「実は今、私追われてるの」って、以前ゆりぴょんが逃げ出したときのセリフと同じ。
流石に失踪経験者のゆりぴょんは、嘘だって見破ってる。

川の土手まで逃げたオダエリ。鉄橋を渡る西武電車はプラレールのような寸詰まり。
自らアイドルの殻を破る儀式は、タバコくらいしか表現しようがないか。
ここで真琴が絡み、つばき荘に移動。モデルになった理由を語り、自分の仕事が子供たちにとって慰めになってくれれば良いことを遠まわしに伝える。
ちょこの部屋へ「ねこにゃんダンス 特別出張版」
ちょこの笑顔を見て、少し元気になったかな、オダエリ。

翌日の幼稚園ロケのシーンからシームレスにエンディングへ。
公園のシーンで「ねえ、ゆりぴょん。ハレンチ☆パンチって何?」とちょこに言わせたのだから、ここはひとつエンディング曲の「ねこにゃんダンス」は千和バージョンで流して欲しかった。

今回は植田佳奈の出番なし。「みっくすJUICE」は千和と理科の2人だけか。
しかし今回のアイドルの憂鬱、「みっくすJUICE」でドル売り中に血を吐いた千和、どんな気持ちで収録に臨んでいたのだろうか。
演技は文句無い出来栄え。駆け出しアイドル役を新人声優が演技以前の領域でやる無様さなど無く、きちんと新人らしい演技をできるのはさすが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。