アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ序盤は展開の速い構成かと思っていたが、どうも中盤で揺り戻しというか一進一退の歯切れの悪さ。春彦視点で莉子と霧乃の抗争(!)に絞るかと思ったが、綸花の話を挟んだりしており一本道でも無さそう。その割にはサブキャラはいてもいなくても変わりない脚本が多い。
中盤では偽ギフトの根源、魔女っ娘の千紗がポイントになる模様だが、このキャラはD.C.S.Sのアイシアとさくらを足したような感じなのだろうか。

前回よりは莉子との関係も持ち直したかに見える。
春彦に「あのね、お兄ちゃん私・・・」と言いかけたところで、音楽室から霧乃のピアノが流れる。サイコホラーに仕立てても良いと思うが、そこまで黒くし切れない。
劇伴代わりに霧乃のピアノが効果的な演出。

莉子もしたたかで、以前の春彦の告白への返事「ごめん」を「意味変えてもいい?」
「今は答えられない」と。
春彦、どちらを選んでも苦難の道だよ・・・

春彦は莉子に母親の面影を見るが、偽ギフトに願った(本人はそのつもりは無い描写だが)霧乃の仕業。直接的でなくても Gift は願いを自己解釈するらしい。
昔みたいになりたいという霧乃の願い=莉子のいない日常と言うことか。
霧乃の思慮が浅く内に籠る印象が強くなったが、この先どのように救済するのか?または突き落とすのか、期待しておこう。

サービスシーンは無かったような気が?
唯一は莉子の春彦の股間拭き拭き程度。春彦を見上げるアングルのカットならば莉子のブラチラ・胸チラくらいさせないといけません。
今回は春彦の年上の幼馴染、たまみの演技に救われたかな。CV:結本ミチルの好演。

作監は中田正彦。二原は4社。キャラの表情に統一感欠ける部分もあり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。