アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイ見てハルヒを思い出すのは若い人、眉村卓を思い出すのはオジサンか?
前回の上条兄妹も十分に謎だったが、今回はその上条家が仕える魔法の名門、式守家次期当主の伊吹が登場。
このお嬢様あらゆることに介入を嫌い、尊大で厄介な存在。ツンデレとは少し違う。上条兄妹も、その伊吹を守るべく警戒を怠らない。
しかし、さすがは我らが準にゃん、抵抗無く伊吹に触りまくり。
さらに準にゃん、今回はブルーのパンチラもしていただきました。もうちょっと見たかったが。スケバン刑事も良かった。

伊吹と仲良くなる作戦はテロップを使い、ギャグのテンポ良く構成していた。
ハチの考えた、白馬の王子様が救出作戦は、蛇足だったかもしれない。

その尊大お嬢様を攻略するのは、すもも。愛のお弁当作戦。
断られても断られても、毎日弁当を作り持参するすもも。何と健気な。
上条沙耶がヒントで伊吹の好物を教える。回想シーンに出てくるのは姉さん?
床に落ちた弁当を再生魔法で復元しようとして、大切なことに気づき止めた伊吹。
そして最後は屋上でのお弁当、すももと伊吹のイチャイチャ。
この作品の雰囲気は良く表現されていた。
雄真と春姫のポジションが著しく不安定だけど。

シナリオとして秀逸でもないが、演出の工夫は見られた。
作監:大塚美登理「Gift」 第2話や「夢使い」でも見かけたが、手堅い出来じゃないでしょうか。
サンシャインコーポレーションとStudio Kelmadic担当回だから悪くない。
予告見ると、次回は不安だなあ。

はぴねす! Vol.1
TVアニメ「はぴねす!」サウンドトラック
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。