アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の雪の街で記憶を辿る祐一の日常がゆっくり進んでいる。
原作PCゲーム、東映アニメーション版の記憶が所々欠けている私も祐一視点で見ていたが、そろそろ客観的に眺めると違う面が見えてくる。

2クールの余裕か、冒頭で書いたように話が遅い。言い方を変えればシナリオ再構成によって伏線を準備しながら、ヒロインたちの関連付けと丁寧な日常描写に尺を使っていると言える。
あゆ、名雪との幼い頃の「約束」そして「なくしたもの」
真琴、舞、栞が「そこにいる理由」「わからない、その答えを探している」
それらは「全て祐一のせい」にして主人公を汚すシナリオも一興だが、きれいに「輪廻と奇跡」でまとめるのだと思う。

祐一も典型的なゲーム主人公の振る舞いで、精力的にフラグ立てて歩いている。
夜中にいそいそと学校に侵入し舞との逢瀬。目に見えぬ魔物の恐怖を感じさせないのだが、そのうち祐一が襲われる時が来るのだろう。「大丈夫、私がさせない」と舞が言わない事を祈る・・・
栞は中庭で待ち伏せしてるし、ずいぶんと不思議ちゃんキャラに振っている気がする。
香里と絡んでから話が動くのだろう。
栞の苗字は秘密の割にはエンドロールでネタバレしてるぞ、京アニ。
オープニングでは、あゆの無くしたものも見せているがいいのか?

名雪と真琴、最近ではあゆも自宅でフラグ立て。幼馴染みキャラは不利だなあ、この先のイベントまでは名雪も空気化。
街を歩いて特定の場所と時間でイベント発生する、エロゲ―の美点を踏襲している。
「同級生」が浮かんだ人は古い!
その意味では、このアニメ「Kanon」も古いというか懐かしい感じが漂う。
最近の京アニファンも、ハルヒと比べて地味に感じている事だと思う。
「奇跡の物語」なんて普遍的とは言え、ここまでに忠実に時代を感じさせる京アニもある意味立派。

今回は前回出番の少なかった「あゆあゆアワー・うぐぅスペシャル」
幼時の時は白リボン、今は赤いカチューシャ。あゆのさまざまな表情が可愛らしく、時に切なく描かれている。
「ずっと祐一さんのこと待っていたのかも」なんて、秋子さん何か気がついているんだったら教えてくださいよ。でも祐一は言わないし、秋子さんに尋ねる事さえ思い浮かばない。
この不思議の国の一番の記憶欠落者は、祐一だと言う事実が徐々に浮かび上がってくる。

あゆがメインの回に見えて、真琴シナリオが進行中。
真琴、可愛いなあ。舞の「あの子のそばにいてあげて」ではないけれども、制作の愛が感じられる。
バイト面接落ちて、秋子さんから保育園らしきところの仕事を紹介されるエピソードを挿入。
ねずみ花火と味噌汁風呂は原作から。
ここで真琴に言う「同じ様な事を何度も繰り返し・・・」これは本作品のキーワード。

次回は真琴シナリオ加速。ぴろ登場。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。