アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作PCゲームでは達哉のお相手は、月のお姫様・従姉・義妹・幼馴染み・住込みメイド・金髪幼女風と障害が大きかったり禁断の関係だったりする。
こうして並べてみると、手放しで祝福される関係は幼馴染みだけか。制作者は達哉に苦難の道を歩かせたいようだが、アニメでは月のお姫様がお相手。

戦争の時代を経た地球と月との外交関係に与える影響
アバンでの外交交渉後、大統領がさやかにフィーナのホームステイの様子を尋ねる。
これは、さやかの公的立場と家族愛の両立についての伏線と、さやかへのプレッシャーを与える事になる。
例のカメラマンの振る舞いも同様ではあるが、大統領に語らせずともさやか自身が気付く問題であるので余計なカット。
オリジナルキャラがサブヒロインの役割と存在意義を奪っている。

二人が近しい関係になる事の影響を懸念する勢力の動き
ようやくリースの目的を「達哉とフィーナの関係が深まる事を阻止する」と具体的に説明しだした。
リースに関しては存在の謎は謎らしく事件の裏に隠して、後半で一気に展開したシリーズ構成の方が緊張感があると思う。
毎回意味もなく登場させて(監視任務の意味だろうが)今回説明し、知らないうちにトラットリア左門から消えているのも落ち着きがない。

擬似家族
達哉の変化をさやかと麻衣が気付いたのは自然なシナリオ。
「本当の家族ではない」が、誰よりもお互いを大切にしている朝霧家をきちんと描いている。
しかし、さやかの「だってお姉ちゃんだもの」は「家族だもの」って台本にして欲しかった。
フィーナの変化はカレンに語らせたが、その役はフィーナと私生活を共にしつづけたミアに譲ってやりたいところ。
以後の展開が不明だが、擬似家族の家族愛を描くのには例のインディー親父は邪魔な存在だな。

今回のシナリオは子安秀明。ちょっと良いところも見られたが無駄も多い。
意味も無い新キャラ入れられると、シナリオも曇る。
絵コンテ・演出は「となグラ!」でも描いてたオザワカズヒロ。
そんなにひどい感じは無いが、フィーナが可愛いと思えるカットが無いのが致命的。
達哉の鼻つまみは話の流れを切って、まずくないかなあ。

二原は使っていないと思ったが、スタジオ多すぎ。
作監3人でも直しが追いつかない。
仁に怒った後の菜月や横断歩道のリースなどキャラの表情は良くなっているところも散在する反面、フィーナは直しがなく酷いところも多い。1本の中でレベルがまちまちで気味が悪い。
食卓のトースト・ベーコンエッグ・トマトサラダの見分けがつく程度には作画は進歩している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。