アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どう考えてもCDとDVDの販促回だったが、平凡なシナリオの中にもちょこ、ゆりぴょん達の自然な感情が垣間見えて悪くなかった。
アパート前でのダンスシーンでカメラの回りこみをしてみたり、ダンスシーンはそこそこ気合いが入っていた。もちろん止め絵でエフェクトの方が多いが、つながりもスムーズで演出・作監ともに良い仕事だったと思う。ノーマッドもやれば出来るじゃないか。

ねこにゃんダンス中心にシナリオが明確だから作りやすいのだと思う。
前回のゆりぴょん邸でのティーパーティーのお返しが、ダンス撮影の打ち上げでの管理人さん作のケーキ&お茶会でフォローされている。
ゆりぴょんお嬢様の高飛車な視点もアパートの住人に同化してきた様子を描いて、平凡とは言え考えられたシナリオ。

このゆりぴょんの視点の変化は、Aパートの公園の遊具の上で仁王立ちになりちょこを見下ろす蒼眼のゆりぴょんの表情との対比で鮮やかになる。
この変化は理由無しに起きた訳ではなくて、前回からの伏線で淡い恋心を抱いた相手、駆が触媒になっている。
カメリハ映像で、撮影した駆のフレームワークがちょこ中心。
自分がフレームアウトしている事で、駆の気持ちに気付いたゆりぴょんが無意味にちょこに宣戦布告する。
あわや三角関係の泥沼かと案じたが、ちょこがダンスの練習の事だとボケで返すから救われる。
この二人の愛憎劇は見たくないなあ。
つばき荘でのお茶会で駆が輝くポジション、住人たちの笑顔の場所、自分の気持ちが素直になれる視点の高さに気付いたゆりぴょんは成長した。

お金と地位によらない「何か」を手に入れて、お嬢様がどのように成長するかメイドさんを絡めてもう少し見守りたいところだが、シリーズもまもなく終盤。
シリーズ通すと、ちょこを中心にキャラクターたちの成長物語なのだろうが、ゆりぴょんがサイドストーリー書けるほどにキャラ立ちしている。
管理人さんは、はるまと食器洗いで新婚生活妄想大爆発。成長していない(笑)
ちょこは知識は増えたようだが、生まれたときからの完全体。はるまとの生活の中で成長するのだろうか?

次週、ねこにゃんダンスのお姉さんオダエリのお当番回。斎藤千和登場。
釘宮・千和・植田の収録風景を見たいものだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。