アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルチ商法に引っかかった佐藤、委員長のネトゲ中毒の兄と暗澹たる未来をサブタイが暗示している。周囲の人間も痛いからなあ。彼らの未来はあさっての方向を向いている。

マンガ解説付きのマニュアル本示しながら「私がついているから!」って岬ちゃんの自信には別の意味の不安度2倍。ここまでのところは山崎はクレバー。
クーリングオフ制度で返品が可能だとは広く知られてきたわけだが、山崎・岬が付き添って委員長の下に返品に。
しかし委員長の応酬話法の基礎の基礎程度で陥落。
新たな商品を追加購入する羽目に。山崎・岬もミイラ取りがミイラに。

再度、返品交渉でクーリングオフを受ける事になるのだが、その委員長の家は商品の山。
もう引き返せない領域まで進んだ委員長。
そして2階でネトゲ中毒、引きこもりの兄を目撃してしまう。

今回はマルチで委員長を絡め、そのネトゲ中毒の兄登場で佐藤のRMTネット中毒事件の伏線回収の中継ぎの回。取り立てて山もないが、岬ちゃんのダメさ加減が可愛くなって来つつある。
佐藤の痛さは磨きがかかってきているが、山崎が後輩兼隣人として常識人の振る舞いを続けられるのはいつまでだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。