アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続き幽霊の一子のお話。
人には触れることが出来たり、一緒なら寮の外へ出られたり、教会では立っていたりと一子の演出に微妙な点もあるが、こういうものだと流しておこう。
一子を見て気絶した由佳里や、怖がりの貴子の方が普通だろうが、他のヒロインたちは幽霊にも抵抗がない。由佳里も終いには一子と仲良く料理してるし。

瑞穂が男であることを、まりやが早々に一子にバラす。
しかも一子のスカートをめくって乱暴に。でも何がわかるんだろう?
瑞穂ちゃんはトランクスもブリーフも穿いてません!ショーツ穿いてるんです(妄想)
あっ、一子が頬を染めて「すごい、すごいです」って、そういうことか。すごいのか瑞穂ちゃん。それじゃ体操着にブルマ穿くのは厳しいなあ。今度番外でオーランド伍長と勝負してください。

窓の外でカタツムリが驚いたか、眼を出すカットがあったが、亀が首出すカットでも良かったのではないか(笑)

由佳里を驚かせてしまい、一子の「ごめんなさい、ごめんなさい」は、演技は違うものの、楓を思い起こさせた。
それよりも人生ゲームで「庭で砂遊びをしていたら、石油を掘り当てて100万ドル受け取る」
これって何て「じゃじゃ馬」? (注1)

瑞穂の母親=一子のお姉さまだと分かり、遺言で瑞穂がこの学院のこの部屋に来た理由も大体は明かされた。
ハッ!一子って時を駆ける親子丼少女? (ーー;)

教会での瑞穂から一子の額へキス。
お姉さま二人、どちらのお嫁様にもなれなかった一子だが、瑞穂と心が通じて願いが成就し昇天。
でも、寮に帰ると一子が戻ってるし。
一子続投は嬉しいけど、ここは綺麗に終わらせたほうがシナリオ的には落ち着きが良い。
再登場にしても最終話の大団円、もしくはその直前の撹乱要因で起用すると面白いキャラなんだが。

まあ、今回は後藤邑子のマシンガントークを聴く回ってことで、退屈しなかった。
これ以上やると他のヒロインキャラ食っちゃうから、この程度かな。
小鳥遊圭役の真堂圭はバオバブから後藤とセットの感じだが、今後キャラ立ちする回があるんだろうか。この役はドラマCDでは釘宮理恵がやっていた。

※注1「じゃじゃ馬」
ねこねこソフトのおまけ粘土クレイストーリー。粘土製作は、やなちぃ嬢。

ラムネDVD第4巻から第6巻のおまけにも収録。
乙女はお姉さまに恋してる1 =限定版=
乙女はお姉さまに恋してる オリジナル・サウンドトラック
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。